試合速報はこちら

浦学、東海大相模と初戦 昨年の決勝戦再現 秋季関東大会

 来春の第84回選抜高校野球大会の出場権を懸けた第64回秋季関東高校大会(29日~11月4日・山梨県小瀬スポーツ公園野球場)の組み合わせ抽選会が14日、東京都内で実施され、出場15校の対戦相手が決定した。

 埼玉県大会で3年連続12度目の優勝を飾った浦和学院は、30日の1回戦で東海大相模(神奈川2位)と対戦(11時30分)。同準優勝の花咲徳栄は、31日の1回戦で作新学院(栃木1位)と顔を合わせる(10時)。いずれも強豪が相手の厳しい組み合わせとなった。

 昨年の関東王者で3年連続13度目の出場となる浦和学院は、2連覇とともに2年連続8度目の選抜大会出場を目指す。2年ぶり7度目出場の花咲徳栄は、2年ぶり3度目の選抜出場を狙う。

 東海大相模は前回の選抜大会優勝校。昨秋の関東大会決勝で浦和学院と対戦した。作新学院は今夏の甲子園大会で4強入り。バッテリーやメンバーの多くが残っている。

◇昨年の決勝戦再現

 昨年の決勝カードが初戦でいきなり実現した。大会連覇と2年連続選抜大会出場を目指す浦和学院が、前回選抜大会優勝の東海大相模と激突。2年前の準々決勝でも対戦しており、3年連続の顔合わせに森監督は「何となく当たるんじゃないかなと思っていた」と予感めいていたという。その上で「相手に不足はない。当たって砕きたい」と闘志を燃やす。

 県大会優勝後の2週間は「捕る、投げる、打つ」などの基本を重視。対戦相手が決まった今後は対戦校を意識しながら、練習を応用の段階へ移行していく。

 昨年はエース佐藤の力投と勝負強い打線を武器に、地元開催で15年ぶりの優勝を飾った。今年も期待が高まるが、森監督は「大会に出る以上は優勝を目指すが、一戦必勝で目の前の足元を固めていきたい」とあくまで平常心を貫く構えだ。

(埼玉新聞)

◇120%の力で連覇を--浦和学院・明石飛真主将

 強豪校相手だが、自分たちの野球ができるよう頑張りたい。基本に忠実に、目の前の練習や課題すべてに120%の力で取り組み、関東大会に臨む。関東2連覇を達成できるよう戦い抜く。

(毎日新聞埼玉版)

◇基本に戻り練習--東海大相模・磯網遊斗主将

 関東大会では一戦一戦目の前のプレーをしっかりとこなしたい。相手は自分たちより強いチームだと思う。開幕まで時間があるのでチーム全員が基本に戻り、練習したい。

(毎日新聞神奈川版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。