<浦和学院だより>浦学野球部、さいたま市長表敬訪問

201202291337.jpg
【写真】清水市長(左から3人目)に選抜大会での健闘を誓う(左から)浦和学院の小沢校長、笹川副主将、明石主将、森監督、富岡部長=28日午後、さいたま市役所(埼玉新聞)

◇「必ず埼玉に優勝旗を」 明石主将がV宣言

 チームは28日午後、さいたま市役所に清水勇人市長を表敬訪問し、選抜大会での活躍を誓った。

 訪れたのは小沢友紀雄校長、富岡慎介部長、森士監督、明石飛真主将、笹川晃平副主将ら。

 小沢校長が選抜大会への出場を報告後、森監督は「選手、監督とも今年こそという思いは強い。甲子園の決勝戦に応援に来ていただけるように頑張りたい」と決意表明。これを受けた清水市長は「森監督が率いる浦和学院は、大変強いチーム。普段の野球ができれば、全国優勝も夢ではないと思います」と激励した。

 その後の歓談は、和やか雰囲気に包まれた。

 清水市長が「狙いは優勝?」と問うと、明石、笹川の両選手は「そうです」と即答。森監督は、昨秋の関東大会の初戦で前回選抜優勝校・東海大相模(神奈川)を破り、そこから一気に頂点へ駆け上がったことを挙げ、「初戦が全て。戦いに行くという意識で、足元を見つめ一戦必勝で臨みます」と力強く語った。清水市長も「帰ってきたら(優勝)パレードの準備をしないと」と大きな期待を込めていた。

 最後に明石主将が「夢や希望を与えるプレーをしたい。必ず埼玉に優勝旗を持って帰ってきます」と高らかに宣言した。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

Unable to load Tweets

 

アーカイブ