試合速報はこちら

センバツ浦和学院 俺に任せろ(7)吉川三塁手、山根左翼手

◇右腕回し、好走塁導く 吉川智也三塁手

201203131533.jpg
【写真】チームの命運を握るかもしれない三塁コーチャーを務める吉川智也(埼玉新聞)

 捕球から送球に移るまでの堅実さが持ち味の三塁手。当然、定位置奪取を目指し練習に励む吉川だが、もう一つの顔がある。新チームから務める三塁コーチャー。その重要性を昨秋の関東大会で、再認識させられた。

 準決勝の高崎健康福祉大高崎(群馬)戦。11-5の六回2死一、二塁から林崎の右前打で二塁走者緑川を明らかなアウトのタイミングで回した。案の定、三本間に挟まれ憤死。大量リードしていたため、目立たなかったが、「判断が甘かった」と反省し、肥やしにしてきた。

 強打だけでなく、機動力を駆使して1点をもぎ取る野球を理想とする今チームにとって瞬時の判断が要求される。特に甲子園では歓声がこだまし、打者や走者には声が届かないだけに「ジェスチャーを大きく、声も精いっぱい張る。迷ったら思い切り(腕を)回したい」と思いを描く。心は熱く、頭は冷静に。吉川が右腕を回した数だけ、チームは日本一に近づく。

◇スイング鋭い成長株 山根佑太左翼手

201203131539.jpg
【写真】外野の間を抜く打撃を武器に定位置獲得を目指す山根佑太(埼玉新聞)

 売りは打撃と自負する。新2年ながら山根のヘッドスピードは相当なものだ。「秋と比べて打球が速くなったなと、自分でも感じる」。あどけない顔に自信があふれる。

 昨秋は主に中堅を守った佐藤が投手として調子を上げているだけに、外野手としてスタメン出場する可能性は十分。「勝利につながるプレーをしたい」と意欲満々だ。

 広島出身。小学生の時には右腕伊藤と同じソフトボールチームに属し、6年次に全国制覇するなど珍しい経歴。野球は中学からで、3年次には地元の強豪・広陵や如水館に誘われたが、「森先生の浦学で甲子園に出たかった」と見知らぬ地・埼玉で寮生活を始めた。

 昨秋は、11打数2安打ながら5打点を挙げた。パワフルなスイングにも自身を「中距離ヒッター」と評し、決して大振りすることはしない。「ホームランより、打点にこだわりたい」。聖地の左中間、右中間を切り裂く打球から目が離せない。

(埼玉新聞)

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。