はばたけ浦学:センバツ2012 甲子園に臨む選手たち/6

◇日本一へ力で三振奪う--山口瑠偉(るい)投手(1年)

 林崎龍也捕手が「マウンド度胸は抜群」と太鼓判を押す。昨秋は6人の投手の継投で勝ってきたが、その中でも県大会決勝(花咲徳栄戦)と関東大会1回戦(東海大相模戦)で完投勝利し、センバツ出場に貢献した。

 この冬は、フィールディングの向上を課題にした。ネットに投げて返ってきた球をマウンドから駆け下りて捕り、一塁方向に投げる動作を繰り返した。つらい時は、甲子園のマウンドに立つ姿を想像する。「厳しい練習をこなしてきた。俺なら抑えられる」と気合十分。「出場するからには日本一。力で三振を奪う」と言い切った。

◇自分のリードで勝利を--西川元気捕手(1年)

 栃木県小山市で小学2年から野球を始め、「野球に打ち込める環境で自分を高めたい」と浦学の門をたたいた。浦学野球部OBで三菱重工でも捕手として活躍した父孝さんは「男の修業」と後押ししてくれた。

 昨秋は、公式戦全試合でベンチ入りにとどまったが、悔しさを練習にぶつけ二塁へのピンポイント送球や右方向への打撃に磨きをかけた。2年生が修学旅行で不在の時には積極的に周囲に声をかけてチームを盛り上げた。

 「実力をつけ、いつかは自分のリードでチームを勝利に導く」と誓う。甲子園では出場を果たせなかった父の分まで全力を尽くす。

(毎日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ