<浦和学院だより>白星から一夜 2回戦に向け切り替え

201203231339.jpg
【写真】先輩の笹川(右)が後ろで見守る中、打ち込みをする浦和学院の木暮=22日、兵庫県西宮市内(埼玉新聞)

 1回戦で敦賀気比(福井)を下し、甲子園で8年ぶりの白星から一夜明けたチームは22日、兵庫県西宮市内で約3時間、室内での打ち込みを中心とした調整を行った。

 ナインは久しぶりの勝利にも浮かれることはなく、いつもどおり練習に取り組んだ。完投したエース佐藤は「精神的に疲れました」と苦笑いしながら、「昨日勝ったことを切り替えて、(2回戦の)三重戦に向けてしっかり準備したい」と、すでに次の試合のことを考えている様子。主将の明石は「初戦に勝てたことはうれしいけど、あくまで目標は日本一。ここは通過点」と引き締めた。

 練習前には約1時間30分のミーティングを実施した。内容は主に1回戦の検証。映像を使わずスコアシートを見ながら、出場した選手が一人ずつ反省を述べ、それに対して森監督が答えた。

 指揮官は内容について「何でもやりっ放しは良くない。今日の練習の前に各自が考えを持っているかの確認。あくまで野球は個人技の集結」と話し、個々の課題を認識し克服していくことがチーム力につながるとした。

◇先輩の指導で課題克服へ 木暮

 新2年生レギュラーの7番木暮が、4番笹川から約30分間、打撃の個人レッスンを受けた。身振りを交えながら、打撃マシンを相手に打ち込みを実施。同じ右打者として、体が開く悪い癖を直し、バットのヘッドを返すことを教わったという。

 先輩と後輩の垣根がなく、仲が良いのはチームの長所。前回大会もスタメンだった笹川は「自分も(前主将の)小林さんに教えてもらった。それが普通」と涼しい顔。木暮は「感覚はつかんだけどまだまだ」と、教えを生かそうと必死だった。

 木暮は1回戦を振り返り、「あこがれの舞台でものすごく緊張した」という。八回に鋭い三塁ゴロを好捕したほか、投手強襲安打も放った。しかし、ほかの打席で凡退し、「変化球に対応できなかったので次は打ちたい」と課題を見つめていた。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

令和2年度 秋季リーグ戦
第1節 1日目 第2試合
東北学院大学4ー0宮城教育大学

学院大|010 002 001|4
宮教大|000 000 000|0
試合終了

本:布施(学)
二:三浦(宮)、佐藤(翔)、佐々木(莉)(学)

バッテリー
(学) ●後藤-伊藤
(宮) 〇青木、髙橋、小林-大川口

もっと読み込む...

 

アーカイブ