試合速報はこちら

はばたけ浦学:センバツ2012 気分いい 早朝ゴミ拾い

 第84回選抜高校野球大会に出場している浦和学院は、朝の散歩時間に、兵庫県伊丹市の宿舎周辺でのゴミ拾いを日課としている。

 25日も午前6時から活動し、森戸佑樹内野手(3年)は「お世話になってるので。朝から掃除して気分がいい」。

 甲子園に出場した際は、監督やコーチらの前で抱負を述べるのも伝統だ。ゴミ拾いと体操を終えると、緑川皐太朗内野手(3年)が「三重戦では自分が打って守って勝利に貢献したい」と大声で宣言した。

(毎日新聞埼玉版)

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。