浦和学院と二松学舎大付の練習試合は5-5で引き分け

 高校野球の強豪、浦和学院(埼玉)と二松学舎大付(東東京)が7日、さいたま市内の浦和学院グラウンドで練習試合を行い、5-5で引き分けた。国内6球団のスカウトが視察する中、プロ注目の浦和学院の最速148キロ右腕・美又王寿投手(3年)が先発し、3回2安打無失点、5三振、3四死球。身長200センチの二刀流右腕・秋広優人投手(3年)は先発し3回3安打2失点だった。

 浦和学院・森士監督は「美又は、久しぶりの先発だった。代替大会の最後まで、いろいろ経験させていきたい」と話した。

 二松学舎大付・市原勝人監督は、「練習自粛の3カ月間があったが、3年生は最後まで、一生懸命練習し、試合をやらせていきたい。きょうもいい経験になった」と収穫を口にした。

(サンスポ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ