試合速報はこちら

浦学、安定抜群の投手陣 大宮東、強打者そろう打線 きょう3回戦

 春季高校野球県大会第4日は29日、4球場で3回戦8試合を実施し、8強が決定する。ここまでCシードの山村学園と川越東が敗れたものの、Aシード昌平をはじめとした他のシード勢やノーシードの浦和学院など実力校は順当に勝ち上がり、大きな波乱はない。

 3回戦の注目は浦和学院-大宮東。昨夏王者の狭山ヶ丘、同4強の正智深谷を倒した浦和学院はエース左腕宮城、右腕三奈木と投手陣の安定感が抜群だ。それに対してBシード大宮東は山岸、高橋大ら強打者がそろう。互いに持ち味を出せるかが勝敗の鍵を握る。

 昌平に挑む秀明英光は、先発が予想される右腕岩井が強力打線を最少失点に抑え、守りから攻撃のリズムをつくれるかがポイント。公立勢同士の戦いとなる川口市立-上尾は、Cシード川口市立のエース右腕原口を上尾打線が攻略し、序盤から主導権を握れるかどうかが焦点となるだろう。

 2回戦で昨秋の県大会8強の山村学園を破ったノーシードの大宮北は、同じくノージードながら投打に高水準の浦和実に対して活発な打線が奮起することが勝利への絶対条件。星野の辞退で2回戦は不戦勝となり、3回戦が春の初戦となるAシード細田学園は、白金や南木ら好打者を擁する立教新座の挑戦を受ける。

 早大本庄-埼玉栄、Bシード春日部共栄-本庄東、叡明-Cシード花咲徳栄はいずれも実力校同士の顔合わせで好試合を期待したい。

(埼玉新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。