試合速報はこちら

浦学、作新学院にコールド勝ちで初戦突破 春季関東大会

【写真】力投する浦和学院先発の宮城

 (第2日、16日・山日YBSほか)

 2回戦4試合を行い、春季県大会王者の浦和学院は初戦に臨み、作新学院(栃木2位)に8-1で七回コールド勝ち。花咲徳栄は7-4で佐野日大(栃木1位)に逆転勝利し、ともに8強入りした。

 浦和学院、二回1死二塁から宮城の適時打で先制するなどこの回に5得点。四回にも藤井の適時二塁打で1点加えると、六回には三奈木の適時打と高松のスクイズで2点を追加して突き放した。

 花咲徳栄は一回表に1点を先制されたが、その裏に浜岡の適時二塁打で同点にするなど打者一巡の攻撃で計4点を奪い逆転した。四回には冨田の適時打で1点、六回は鹿野、飛川の連続ソロ本塁打で2点を追加。投げては松田、金子、堀越の継投策で逃げ切った。

 準々決勝が始まる第3日の17日に県勢の試合はなく、第4日の18日に山日YBS球場で花咲徳栄が常総学院(茨城1位)と(9時)、浦和学院は専大松戸(千葉2位)と(12時)、いずれも4強入りを懸けて対戦する。

2回裏2死三塁、吉田瑞が右前に適時打を放つ

攻撃力の強化実る 浦和学院

 4年ぶりとなる春の関東王者へ、浦和学院が好スタートを切った。12安打8得点の猛攻で、作新学院にコールド勝ち。森監督は「前半から得点を奪うことができてよかった」と振り返った。

 チームは夏に向け、打線の強化を図っている。「得点を奪うための攻撃のバリエーションをバージョンアップしないといけない」と指揮官。この日は、好機に畳み掛ける集中力を発揮した。

 一挙5点を奪った二回の攻撃は鮮やかだった。宮城の先制打などで2点を挙げると、2死二塁から八谷の二塁打で追加点。続く松嶋は「追い込まれてから食らい付くバッティングができた」と、2ストライク後の3球目を捉え、左越え適時二塁打を放った。さらに、松嶋が三盗に成功し、吉田瑞の適時打で5点目。3連続タイムリーで、主導権をがっちりつかんだ。

 小技を交えて2点を奪った六回も見事。1死三塁から三奈木が適時打を放つと、なおも二、三塁として高松がスクイズを決めダメ押しの8点目。チャンスを逃さないそつのなさが光った。

 準々決勝は今春の選抜大会に出場した専大松戸と激突する。主将の吉田瑞は「泥くさく1点ずつ取る野球で勝ちにいく」と力強い。試合ごとに勝負強さが増すチームが、関東の舞台でどこまで成長してくれるのか楽しみだ。

2回裏2死三塁、左適時二塁打を放つ松嶋

打撃と足で貢献 3番松嶋

 浦和学院の3番松嶋が、3安打1打点の固め打ちでチームに貢献。「(相手の先発は)左投手だから、内角は捨てて甘い球を捉えるようにした」と、広角に打ち分けた。

 バットだけではなく、二回には三盗を決めるなど、足でかき回した。だが、本人は「(相手投手が)同じテンポで投げていたから、1球目で確実に(盗塁を)決めないといけない」と向上心を忘れない。背番号7は「一球で仕留める打撃を意識したい」とさらなる高みを目指す。

(埼玉新聞)

力投する浦和学院2番手の吉田匠

浦和学院が初戦突破、宮城誇南6回1失点&先制打「打ててうれしかった」

 浦和学院(埼玉)が、7回コールドで初戦を突破した。森士監督は「前半に点を取れたことが大きかった。1試合でも多く公式戦を経験しながら、体力を取り戻していきたい」と話した。

 2回に2度の3連打を含む打者一巡の猛攻で、5点を先制した。1死二塁、宮城誇南(こなん)投手(2年)が適時中前打を放ち1点を先制。「打撃は苦手なので、打ててうれしかった」と話した。

 投げては、序盤は雨が降る中だったが6回を被安打6の5奪三振、1四球、1失点に抑えた。2年生ながら背番号1を着け「雨もあったけど、打線に助けられながら投げることができました」。準々決勝進出を決め「どのチームも強豪なので、どこまで通用するか試したい」と意気込んだ。

 今年2月には野球部でコロナのクラスターが発生。県大会で優勝を飾ったが、その後は体力を戻すことを最優先に休養をはさんだ。森監督は「正直、まだまだ。春の大会はコロナ明けで目いっぱいだった。体力を戻さないといけない。夏に向けて、試合の経験をいかしたい」と話した。

(日刊スポーツ)

浦和学院の宮城”コナン”の快投に胸がドキドキ

好投を見せた宮城

 春季高校野球関東大会の2日目が行われ、浦和学院(埼玉1位)は作新学院(栃木2位)に8-1で7回コールド勝ちした。浦和学院は先発した最速140キロ左腕・宮城誇南(2年)が6回1失点の好投で快勝に貢献した。

 宮城誇南。名は“コナン”と読む。母・千晶さんが漫画「名探偵コナン」が好きだったことと、出身の沖縄に生まれたことを誇りに思ってほしいとの願いが込めれて命名された。自らの名を本人は「すぐに覚えてもらえてうれしい」と言う。

 「変化球で相手のタイミングを外せた。右打者へのチェンジアップ、左打者へのスライダーがよかった」

 同校OBのロッテ・小島に憧れを抱く1メートル73の左腕は丁寧にコーナーをつく投球で強打の作新学院を封じた。

 沖縄から埼玉に越境した当初は体験したことのない寒さに苦しみ「最初は大変だった。(沖縄は)氷点下になることはほぼない。2年目でやっとなれてきた」と振り返る。

 各県の強豪が集う関東大会の舞台に「真っすぐの出力と終盤のスタミナを磨いていきたい」と課題を挙げる。名の由来となった名探偵のように、解決したい。

(スポニチ)

6回裏1死二、三塁、高松のスクイズで生還する三奈木

“ウラガクのコナン”浦和学院・宮城誇南、頭脳的投球で6回6安打1失点

 “ウラガクのコナン”が頭脳的な投球を披露した。2年生エースの浦和学院・宮城誇南(こなん)投手が6回6安打1失点。「相手バッターのタイミングを外すことができた」とチェンジアップなど変化球を駆使し、先発の役割を果たした。

 沖縄・読谷村の出身で、名前には人気アニメ「名探偵コナン」が好きな母・千晶さんの“南の島に生まれたことを誇りに思ってほしい”との願いが込められている。「すぐに覚えてもらえる」と自身もお気に入りのチャームポイントだ。

 「自分の力を試したい」と県外の強豪の門をたたいた。同校が2013年にセンバツで初優勝した際の左腕エース・小島和哉(現ロッテ)が憧れ。OBが武器とする右打者へのクロスファイアを磨いている。

 「ダウン(ジャケット)はほとんど着たことがなかった」という中、本島の寒さにも慣れてきた。1年秋から強豪の背番号1を背負う左腕。故郷を離れながら、技巧派の投球を身につけている。

(デイリースポーツ)

浦和学院が7回コールドで8強入り 2年生左腕・宮城誇南は6回1失点

 浦和学院(埼玉1位)は2回に2度の3連打で一挙5点を挙げるなど、12安打8得点で作新学院(栃木2位)に7回コールド勝ち。先発した2年生左腕・宮城誇南(こなん)は、制球よく6回を6安打1失点でまとめた。

 森士(おさむ)監督(56)は「前半で点が取れたのがよかったけど、欲を言えば初回から行ってほしかった」と、1死二、三塁の先制機で4、5番が凡打した初回の攻撃を反省点に挙げた。宮城については「正直、まだまだ。春の大会はコロナ明け(2月に野球部内でクラスターが発生)で、体力的に目いっぱいの段階でやっていた。今は下降している状態」と話した。

(スポーツ報知)

昨秋の悔しさ糧 3安打 松嶋晃希選手

チーム最多の3安打を放った浦和学院の松嶋

 3安打を放った浦和学院の3番・松嶋晃希選手(3年)。県大会準決勝で二塁打1本を含む4安打、決勝でも2安打を放つなど好調だが、「昨秋はバッティングで悩んでいた」という。

 昨秋の県大会、川越東戦との3回戦で8番を打っていたが、途中で外された。チームも打線がつながらず敗れ、春のシード入りを逃した。「めちゃくちゃ悔しかった。それをバネに冬を越えました」

 作新学院との試合で最も手応えを感じたのは2打席目。狙っていた外角直球に食らいつき、左越え二塁打を放った。「得点圏にランナーがいたから打たなきゃ3番の意味がないと思って」。好機で自分の役割をきっちりこなせるようになった。「これから自分もチームもどんどん伸びると思う。高いレベルで戦えてうれしい」と準々決勝を見据えた。

(朝日新聞埼玉版)

試合結果

春季関東大会・2回戦(5/16・山日YBS球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
作新学院 0 0 0 0 0 1 0     1 7 3
浦和学院 0 5 0 1 0 2 x     8 12 0
【浦】 宮城、吉田匠-吉田瑞
【作】 井上、林-渡邊
相原(作)
渡邊(作)松嶋2、八谷、吉田瑞、藤井2(浦)

打撃成績

 浦和学院
位置 選手名 打数 安打 打点
⑥1 吉田匠 2 0 1
八谷 3 1 1
松嶋 4 3 1
吉田瑞 4 2 1
⑨3 三奈木 4 1 1
⑧9 藤井 4 2 1
高松 3 1 1
①8 宮城 4 1 1
③6 金田 2 1 0
30 12 8
 作新学院
位置 選手名 打数 安打 打点
片山 3 0 0
相場 2 1 0
小口 4 1 0
①9 井上 3 2 1
池澤 3 0 0
⑨1 3 0 0
鈴木 3 0 0
柳田 3 1 0
渡邊 2 1 0
H 相原 1 1 0
27 7 1

投手成績

 浦和学院
選手名 安打 三振 四球 死球 失点 自責
宮城 6 6 5 1 0 1 1
吉田匠 1 1 1 2 0 0 0
7 7 6 3 0 1 1
 作新学院
選手名 安打 三振 四球 死球 失点 自責
井上 5 9 3 2 2 6 6
1 3 1 0 0 2 2
6 12 4 2 2 8 8

チーム成績

TEAM 攻撃 守備
三振 四死球 犠打 盗塁 残塁 失策 併殺
浦和学院 4 4 2 5 10 0 1
作新学院 6 3 0 1 8 3 0

序盤に主導権を握った浦和学院は、長打6本を含む12安打8得点で作新学院に快勝した。二回1死二塁から宮城が適時打を放つなど、この回5点を先制。四回には2死三塁から藤井の適時二塁打で追加点を挙げ、六回には三奈木の適時打と高松のスクイズで2点を加えた。投げては、宮城が6回1失点に抑えると、七回は2番手吉田匠が無失点に封じた。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。