試合速報はこちら

県代表2校、選抜狙う 31日初戦 秋季関東大会

【写真】鋭いスイングで長打を狙える浦和学院の7番鍋倉

 来春の第94回選抜高校野球大会への選考材料となる第74回秋季関東高校野球大会は30日、茨城県のJ:COMスタジアム土浦などで開幕し、関東7県15校の代表が熱戦を繰り広げる。

 埼玉からは、秋季県大会で5年ぶり16度目の頂点に立ち、5年ぶり18度目出場の浦和学院と、同準優勝で2年ぶり14度目出場の花咲徳栄が代表となり、両校とも31日に初戦の1回戦を迎える。

 浦和学院は神奈川2位で初出場の向上と、花咲徳栄は同1位で3年連続22度目出場の東海大相模との顔合わせ。浦和学院は7年ぶり11度目、花咲徳栄は中止となった第92回を含む2年ぶり6度目の選抜大会出場を目指す。両校の戦力を分析した。

浦和学院、切れ目ない攻撃力

 今春から県大会で3季連続優勝を飾った浦和学院は、投打ともに申し分ない戦力だ。初戦は初出場の向上(神奈川2位)、準々決勝では桐生第一(群馬1位)と土浦日大(茨城3位)の勝者と対戦する。決して楽な相手ではないが、7年ぶりの関東制覇と選抜大会出場の期待が膨らむ。

 森新監督となった新生・浦和学院の最大の特徴は攻撃力。チーム打率4割2分2厘と打線に切れ目がない。先発メンバーのみならず、途中出場する打者もバットが振れており、強い打球の意識がチーム全体に浸透している。打率ちょうど5割の3番金田、好調を維持する5番高山が中軸を担う。長打4本と鋭いスイングが魅力の鍋倉を7番に据え、巧みなバットコントロールが光る8番宮城と下位からでも得点を奪える。

 投手陣は、今夏の全国高校野球選手権を経験したエース左腕宮城と右腕金田の2枚看板。ポーカーフェースの宮城は、テンポのいい投球に加え、甲子園後に体力強化を図り、完投や連投も問題ない。金田は手元で伸びる直球とカットボールを織り交ぜる。3番手以降も左腕芳野、右腕浅田の甲子園メンバーに右腕野口、左腕西田がおり、粒ぞろいだ。

 守りは、地区、県大会通して決勝での1失策のみと堅実。遊撃手金田、三塁手八谷を筆頭に内外野ともに鍛えられており、隙がない。

目標はまず2勝 浦和学院・森大監督の話

 一つ上のステージで勝つことを目指している。関東での目標は選抜出場のため、まず2勝。

一戦必勝でVを 浦和学院・八谷晟歩主将の話

 一つずつアウトを取って流れをつかみたい。一戦必勝で優勝し、選抜に出場したい。

浦和学院成績

【打撃成績】
選手名 学年
宮城 2 .444 9 4 4 3 3 3 4 1 0 4
高山 2 .476 21 6 10 6 1 0 0 1 0 6
鍋倉 2 .462 13 6 6 3 2 4 0 0 0 6
大内 2 .357 14 7 5 3 2 7 2 0 1 3
八谷 2 .385 13 3 5 6 0 3 2 0 0 5
金田 2 .500 20 8 10 6 0 2 0 1 0 7
小林 1 .000 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
伊丹 2 .316 19 5 6 4 0 1 1 0 0 2
喜屋武 1 .333 12 2 4 3 2 1 1 0 0 2
西田 2 .000 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
野口 2 .000 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
近内 2 .000 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
藤野 2 .455 11 2 5 4 0 0 1 0 0 1
大勝 2 .625 8 1 5 3 0 1 0 0 0 4
2 .500 4 1 2 1 2 0 3 0 0 1
浅田 2 .000 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
芳野 2 .000 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
江口 1 .000 3 1 0 0 0 0 2 0 0 0
.422 147 46 62 42 12 22 16 3 1 41
▽三塁打:鍋倉2、高山、金田、伊丹、大勝
▽二塁打:宮城2、鍋倉2、藤野2、高山、大内、伊丹、喜屋武、大勝、森
【投手成績】
投手 防御率
宮城 5.25 12 81 18 23 4 7 7
金田 3.00 9 39 7 8 6 3 3
西田 0.00 1/3 1 0 0 0 0 0
野口 0.00 1 1/3 7 1 2 2 0 0
浅田 0.00 1 6 2 0 1 0 0
芳野 0.00 2 2/3 13 1 4 4 0 0

※データは地区大会1試合、県大会5試合分

(埼玉新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。