試合速報はこちら

オリックス、今秋ドラフトに早大・蛭間リストアップ 広角に打てる左の長距離砲

 オリックスが今秋のドラフト上位候補に挙がる早大・蛭間拓哉外野手(21=浦和学院)をリストアップしていることが21日、分かった。

 “吉田正2世”だ。蛭間は東京六大学リーグ現役最多の通算10本塁打を誇る左の長距離砲。吉田正と、ほぼ同体格の身長1メートル76、85キロで強烈なフルスイングが持ち味。長打だけでなく、広角に打ち分ける技術も兼ね備えており共通点は多い。

 球団関係者は「蛭間選手は4スタンス理論を取り入れているが吉田正選手と打撃に対する意識や考え方に通じるものがある。似ていると思う」と話している。

 浦和学院では1年から中軸としてプレーし、3年夏に甲子園出場。「高校、大学と1年生の時から主軸を任されてきたという経験値というか、勝負強さみたいな部分もいい。俊足というのも魅力」と同関係者。U18日本代表としてアジア選手権にも出場した世代トップクラスの好素材だ。

 チームの近年のドラフト戦略では19年宮城、20年山下、昨年の椋木(東北福祉大)と投手を1位で獲得。左の長距離砲を1位指名したのは15年吉田正が最後で、それ以前では05年T-岡田まで、さかのぼり、左の大砲獲得は補強ポイントの一つと言える。昨季25年ぶりのリーグ優勝を果たし、連覇&日本一を目指すオリックス。その先に見据える常勝軍団になるために、“吉田正2世”と呼べる逸材を追いかける。

蛭間 拓哉(ひるま・たくや)

 2000年(平12)9月8日生まれ、群馬県出身の21歳。小3から野球を始め、中学時代は前橋桜ボーイズでプレー。浦和学院では1年春からベンチ入りし、同春の関東大会で4番。甲子園は3年夏に出場し8強。早大では1年春からリーグ戦に出場。通算10本塁打。1メートル76、85キロ。左投げ左打ち。

(スポニチ)

コメントを残す

error: Content is protected !!