試合速報はこちら

中大・三奈木亜星、母の母国ウクライナに贈る1勝、3回零封「思い切って投げた」

【写真】初勝利を挙げた中大・三奈木(右)は清水監督から祝福される

 母がウクライナ出身の中大・三奈木亜星投手(1年=浦和学院)が、今季5試合目の登板で、大学初勝利を収めた。

 母の母国に贈る1勝だ。5回無死一塁からマウンドに上がり、走者を背負っても、動じることなく強気に自信のある真っすぐを投げ込んだ。3回を投げ無安打無失点。8回からリリーフエース・西館勇陽投手(3年=花巻東)につないだ。「実力があるわけでないので、まずは戦う気持ちで。ビビって投げるのではなく思い切って。負けないよう、投げました」と胸を張った。

 母・スベトラナさんの母国、ウクライナはロシアの侵攻により緊迫した毎日だ。「(母の家族は)残っていると聞いている。心配ですが、無事だと聞いているので」と話した。

 小1の時、母に連れられて1度だけウクライナへ行ったことがある。「すごくきれいなところだったという印象があります。あとは、何でもおいしかったです」。記憶に残るウクライナが、戦火に見舞われている。清水達也監督(57)によると「お母さんも気をつかってくれて、そのことはあまり話をしていないようです。大変だとは思うんですが、本人は一生懸命野球に打ち込んでいるので」と気遣った。母を少しでも元気に。三奈木の力のこもった1球1球には、そんな思いが込められていたかもしれない。

 名前の由来は「亜細亜の星になれ」。亜大に勝利を納め、「中大の星を目指します」とニッコリほほ笑んだ。

三奈木亜星(みなき・あせい)

 2003年(平15)8月12日生まれ、山口県光市出身。小5で久保軟式野球に入団。中学では山口東リトルで投手兼三塁手として、中3時に全国準優勝。浦和学院では1年夏からベンチ入り。3年夏は投手兼外野手として背番号9で甲子園出場。178センチ、82キロ。右投げ左打ち。家族は両親と兄。

(日刊スポーツ)

コメントを残す

error: Content is protected !!