試合速報はこちら

浦和学院は初戦で春日部共栄と激突 シード中心、追う実力校 秋季県大会

【写真】真剣な表情でくじを引く各校の主将ら=13日午後、スポーツ総合センター

 17日に開幕する秋季県高校野球大会の組み合わせ抽選会が13日、上尾市のスポーツ総合センターで行われ、出場41校の対戦カードが決定した。

 抽選会では、本抽選の前に県大会出場校によるシード校(A、Bシード)を選ぶ投票を行い、Aシードは花咲徳栄が31票で第1シードの位置に。浦和学院が29票で第2シードに入った。Bシードには、25票の昌平と12票の山村学園が選ばれ、抽選により昌平が花咲徳栄ゾーンに、山村学園が浦和学院ゾーンに収まった。

 引き続き各校の主将が予備抽選順にくじを引き、滑川総合が花咲徳栄、春日部共栄が浦和学院、立教新座が昌平、春日部が山村学園のシード勢とそれぞれ初戦の2回戦でぶつかることが決まった。

 県大会は有観客で実施する。1回戦から有料で一般500円、中高生200円。引率された少年野球、中学生チーム(引率者・保護者は有料)、障害者(障害者手帳の提示)と介添者1人、小学生以下は無料。

 大会は県営大宮など4球場で熱戦を展開。28日に県営大宮で決勝と3位決定戦が行われる。上位3校が関東大会(10月22~30日・埼玉)に出場する。

シード中心、追う実力校

 Aシード花咲徳栄と、Bシード昌平を中心に優勝争いが展開されそうだ。追う昨年王者・浦和学院、山村学園のシード勢や、西武台も優勝候補の2校と遜色がなく混戦が予想される。

 花咲徳栄は、今夏の戦いを経験した強打者がそろう。勝負強い増田と柴田、広角に打てる1年石塚のクリーンアップを中心に打ち勝つつもりだ。

 浦和学院は、投手陣の層が厚い。緩急が持ち味のエース伊藤と、140キロ超えの直球が武器の右腕月野を軸に、渡辺らが台頭し、連覇を目指す。

 昌平は投打のバランスに優れる。制球力を備えるエースの左腕渡辺に加え、本格派の1年右腕佐藤にも期待が懸かる。山村学園は、長打力に欠ける分、1年夏から経験のある主将の今岡を軸に足を絡めた攻撃を展開したい。

 春日部共栄は、変化球で打たせて取るエース林と安定感のある永井の二枚看板で勝負する。浦和学院と顔を合わせる初戦の2回戦は注目の一戦だ。

 ノーシードの西武台は、長打を狙える主将の3番金田の前に走者を出せるかが勝負の鍵を握る。上尾は、1年左腕飯島が強気の投球でどれだけ粘れるか。聖望学園は身長186センチの好打者1番中村の出塁機会が増やせれば、チームに勢いが出るだろう。実力が拮抗している1回戦の川口市立-川越東、星野-武蔵越生は好試合になりそうだ。

Aシード浦和学院、積極性と機動力

 連覇を狙う浦和学院は、初戦でともに私学4強の一角である春日部共栄と対戦。カードが決まると会場から驚きの声が上がり、主将の小林は「どんな相手でも初戦から自分たちの成果を出すだけ」と力を込めた。

 今夏まで超攻撃野球を掲げていたが、新チームの売りは「積極的に攻める姿勢と機動力」と森監督。喜屋武、篠塚、小林、三井が並ぶ上位打線は、つなぐ意識が強く、足を絡めて得点を重ねるのが理想の攻撃だ。2年連続の選抜大会出場に向けて、まずは埼玉の頂点を目指す。

(埼玉新聞)

初戦で浦和学院と春日部共栄が激突 秋季埼玉大会抽選

初戦で激突する浦和学院・小林聖周主将(左)と春日部共栄・伊藤悠哉主将(右)は健闘を誓った

 高校野球秋季埼玉県大会(17日開幕、県営大宮公園ほか)の組み合わせ抽選会が13日、さいたま市内で行われた。シード校と東西南北の地区予選を経た計41校が参加し、秋季関東大会(10月22日開幕、県営大宮公園ほか)に出場する3校を競う。

 今春選抜大会準優勝、春夏計25甲子園出場の浦和学院は、初戦(2回戦)でいきなり春夏計8度甲子園出場の春日部共栄との対戦となり、強豪同士の激突で熱い秋となりそうだ。

 浦和学院・小林聖周主将(2年)は、「どこが来てもと準備はしてきた。自信を持って、やってきたことを全力で出せればと思っている」と意気込み、春日部共栄・伊藤悠哉主将(2年)は、「共栄らしく、泥臭く、くらいついていきたい。一歩も譲れないと思っている」と闘志を見せた。

 今夏甲子園に出場した聖望学園はシードで、山村国際と叡明の勝者との2回戦が初戦となるが、浦和学院と春日部共栄とは、順当に勝ち進んで4強をかけて争うブロックとなった。

(サンスポ)

コメントを残す

error: Content is protected !!