きょう組み合わせ抽選会 全国高校野球埼玉大会

 第92回全国高校野球選手権埼玉大会の組み合わせ抽選会が16日、さいたま市民会館おおみやで行われる。

 参加チームは昨年より1チーム増の159チーム。シード校は春の県大会のベスト16が対象で、Aシードには同大会で優勝した花咲徳栄と同準優勝の浦和学院が入る。

 大会は7月9日に県営大宮球場で開幕。順調に日程を消化すれば、28日に同球場で決勝が行われる予定で、優勝校が全国高校野球選手権(8月7日~21日・甲子園)に出場する。

(埼玉新聞)

<埼玉大会見どころ> 花咲徳栄と浦和学院リード

 選抜大会出場の花咲徳栄と春の関東大会を制した浦和学院が総合力で一歩リード。

 花咲徳栄は左腕五明に加え、控えの橋本、松本の投球に安定感が増して、夏を乗り切る態勢が整った。単打に犠打、足を絡める機動力野球にも磨きをかけている。

 浦和学院は打線が強力。関東大会5試合のうち3試合で2けた安打を放った。2年ぶりの甲子園には197センチの右腕南の制球力がカギとなる。

 左腕の好投手を擁する坂戸西、川越東の2校が続く。ともに昨秋、今春の県大会で4強入り。坂戸西は2番手投手、川越東は打線がどこまで力をつけてくるか。

 ノーシードながら昨夏代表の聖望学園、実力校の春日部共栄、朝霞も侮れない存在だ。

(朝日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

Unable to load Tweets

 

アーカイブ