4番任され急成長 浦和学院・山根佑太選手

 頂上対決の行方を決定づけたのは、4番打者のひと振りだった。

 浦和学院の山根佑太選手(2年)は7回、初球の内角直球をフルスイング。感触は良かった。打球は左翼手の頭を越え、走者2人生還の二塁打。4点差をつけ、一気に突き放した。

 春まで4番を担ってきた笹川晃平選手(3年)がけがのため、今大会は4番を任されることが多かった。

 出塁率が高い3番佐藤拓也選手(同)は勝負を避けられるなどし、好機に打席に立つ機会が多い。それを生かすのが自分の役目だと思ってきた。

 この回の攻撃前、チームは円陣を組んだ。「自分たちの野球をしろ。脱皮しろ」。森士監督のげきが飛んだ。

 2死二塁で、佐藤選手は敬遠された。重責を果たしたい――。心の中で念じての打席で、期待通りの活躍。「4番を任せてくれた監督に報いることが出来た」。二塁上で自然とガッツポーズが出た。

 今大会での打率は5割8分3厘。「結果は意識しなかった。甲子園に向け、これからもしっかり振っていくだけ」と汗をぬぐった。

 明石飛真主将(3年)は「今大会は2年生がよくやってくれた。特に山根は勝負へのこだわりが伝わってくる」と、急に頼もしくなった山根選手をほめた。森監督も山根選手について「まだまだ発展途上」としながら、甲子園での活躍に期待を寄せる。

 試合後に取材を受け、ベンチで休んでいた森監督に明石主将が尋ねた。

 「胴上げしていいですか」

 「オレはいい。甲子園でしてもらうから」

 激戦を勝ち抜けた浦和学院は、県内初の全国優勝を狙う。

(朝日新聞埼玉版)

◇2年生4番、意地の決定打 浦和学院 山根佑太選手

 1点を追加し、2点リードで迎えた七回2死二塁、なお追加点のチャンス。3番佐藤拓也投手(三年)が敬遠され、打席に入った。「敬遠は予想どおり。4番の自分が打ってやる」。初球、狙っていた内角の直球を捉え、粘る相手を大きく突き放す決定打となった。

 春の選抜大会では、5番が定位置だった。得意の打撃で結果を求めるあまり、バットが思うように振れなくなったこともあった。打撃に加え、走塁や守備も磨き、今大会は初戦から4番に起用された。準決勝では5番に下がったが、2安打を放ってアピールし、大一番で再び戻ってきた。

 六回まで無安打。チームも一回に先制した後は波に乗り切れずにいた。七回に入る前、森士監督の一言がチームの空気を変えた。「チャンスで振りに行け」。直後、指揮官の熱に応えるように殊勲打を放った。

 「大事な試合で4番に使ってもらった。チームに貢献できる仕事がしたかった」

 熱戦の舞台は甲子園へ。春の選抜ではベスト8に終わり、狙うは優勝しかない。「自分の持ち味は打撃。初球からフルスイングしたい」。汗と土にまみれた二年生の4番の横顔が、頼もしく輝いていた。

(東京新聞埼玉版)

◇頼れる4番、活躍誓う 浦和学院・山根佑太左翼手(2年)

 七回表2死一、二塁。初球の内角に甘く入った直球をフルスイングした。低い弾道で伸びる白球は左翼手の頭上を越え、走者2人を迎え入れた。「やったぞ」。二塁上で拳を高く突き上げた。

 広島市出身で、小学6年の時、ソフトボールチームで全国優勝した。ソフトは野球より投手と打者の距離が近いため、直球にはめっぽう強い。

 「実家を離れて自立し、レベルが高い学校で甲子園に行きたい」と野球留学。8強入りしたセンバツから中軸を担ってきたが、6月中旬の練習試合で4番だった笹川晃平選手(3年)が左手の甲を骨折し、今大会は2年生ながら4番を任された。

 全7試合で打率は5割8分3厘。「自分が打たなければ勝てない」と気持ちを奮い立たせ、14安打12打点と打ちまくった。

 課題は苦手な外角球だ。「克服してセンバツのリベンジを果たす」。頼れる4番は甲子園での大暴れを誓った。

(毎日新聞埼玉版)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

徳栄と浦学2強になってきた頃に突然共栄が復活し始めたのマジで謎だな。

同じ高卒右腕で浦学渡邉が評価されるにつれて引地の名前が全然聞かれなくなってきたよね
両方ともいい投手だと思うが

🍚【#浦和学院】3食を共にして掴み取った5年ぶりの夏の甲子園⚾️
これまで数多くのプロ選手を輩出してきた名将・森監督の育成法に迫ります。

・野球部専用食堂でカラダづくり💪
・目標体重は「身長ー95」📏
・自前の畑で野菜を収穫🍆
https://t.co/Bm9nFbmD65

#高校野球

もっと読み込む...

 

アーカイブ