記事の詳細



IMG_1063
【写真】閉会式でメダルを授与される浦学ナイン。左から高田、竹村、小島、伊藤、山口、渡邊、山根(管理人撮影)

 秋季高校野球県大会最終日は8日、県営大宮球場で決勝が行われ、Aシードの花咲徳栄が4連覇を狙った同じAシード浦和学院を8-2で下し、4年ぶり3度目の栄冠に輝いた。花咲徳栄が秋季大会決勝で浦和学院と対戦するのは6度目で白星を挙げたのは初。花咲徳栄と浦和学院は関東高校大会(27~31日・群馬)に出場し、来春の選抜大会出場を目指す。

 今大会の花咲徳栄の盤石ぶりを象徴するような試合展開だった。一回表、先頭の野沢の右前打を足掛かりに2死満塁を築くと、古川が押し出し死球を選び先制。続く山本竜が右越えに走者一掃の二塁打を放ち3点を追加した。その裏、先発小栗が1点を失い、なおも1死満塁のピンチを招いたが、投ゴロ併殺に切って取り最少失点にしのいだ。

 二回以降、左腕小栗は立ち直り、9回を6安打2失点で完投。打線も若月の2本の中犠飛など、小刻みに加点し10安打で8得点を奪った。

 今夏準々決勝で優勝した浦和学院に1-2で惜敗したものの、2年生が6人スタメンに名を連ねたこともあり、新チーム発足から練習試合ではほとんど負け知らず。秋季地区大会、県大会も2、3回戦と順調に勝ち上がってきた。

 だが落とし穴が待っていた。国体による中断期間中だった9月29日。練習試合でナインは気の抜けたプレーを連発。走るべき場面で走らず、打線も勝負を決めるところでバットが出ない。堅いはずの守備は何でもない当たりをエラーした。決め事を徹底するトクハル野球にはふさわしくない姿が岩井監督の逆鱗(げきりん)に触れた。「もうおまえたちとは野球はやらない」。指示もサインも出さず、全員を干した。

 ナインは自分たちだけでミーティング。「もう一度、一からやろう」。全員の決意は固まり目の色も変わった。迎えた4日の準々決勝では埼玉栄を5-0の完封で下し、岩井監督も「気合が入ってたね」と認めたほどだ。主将の根建は「一回り大きくなって団結できた。チーム状況も良くなった」と拳を握った。

 準決勝も競り勝ち決勝は、今県大会では最多の8得点で王者を粉砕した。だが埼玉の頂点はあくまで通過点。遊撃手楠本は「絶対、取らなきゃいけない気持ちでやってきた」。捕手若月も「優勝しないとダメだと思っていた」と表情を引き締める。期待が懸かる関東大会へ岩井監督は「埼玉の代表として、選抜(出場)を意識して戦う」と力を込めた。3大会ぶりの“春”を目指し、花咲徳栄の本当の戦いは、ここからが本番だ。

◇初回攻防制し独壇場 花咲徳栄

 王者とがっぷり四つに組み、そして堂々と押し切った。花咲徳栄が3連覇中の浦和学院に快勝し、4年ぶり3度目の栄冠。秋の決勝では6度目の対戦にしてライバルから初勝利を挙げた。岩井監督は「淡々とやることをやった結果」と最初はあまり意に介さなかったが、「決勝を勝つことは大変なこと」とストレッチするナインに視線を向け、少しだけ表情を崩した。

 岩井監督は「ウラガクが相手でも、力と力のぶつかり合いで、たたけないとダメだ。おまえたちにはその力がある」とハッパを掛けて送り出した。

 試合開始から選手が応える。一回表、1番野沢が右前打で出塁すると、その後、2死満塁とし古川がフルカウントから押し出し死球で先制。続く7番山本竜は「しっかり打ち返せた」と内角直球を上からつぶし、走者一掃の二塁打。この回、重い重い4点を刻んだ。

 その裏、先発小栗が適時打で1点を返され、なおも1死満塁を招いたが「みんなが守ってくれる」と、左腕は落ち着いてスライダーを打たせ、投ゴロ併殺に仕留めた。

 初回の攻防を制すると、あとはトクハルの独壇場だ。前日、雨天順延後に至近距離からの打撃練習を繰り返した成果をいかんなく発揮。二回以降も上からたたき、左右に打ち分ける“らしさ”を見せつけ小刻みに加点。終わってみれば浦和学院の多彩な投手陣から10安打を放ち、今県大会では最多の8得点を挙げた。

 夏のスタメンが6人残る今チーム。昨秋決勝、今夏準々決勝で敗れた浦和学院に完勝し、圧倒的な力で埼玉を制した。だが3番楠本は「結果的に優勝で終われたことは良かったけど、ここはあくまで通過点です」。選手たちが満足しているはずもない。視線は関東、そしてその先にある。

◇走者一掃 納得の二塁打 花咲徳栄・山本竜

 花咲徳栄の7番山本竜が大仕事をした。

 見せ場はいきなりやってきた。一回、古川の押し出し死球で先制した直後の2死満塁。是が非でも追加点が欲しい。「おまえが決めてこい」。チームメートに背中を押され打席に立った。

 浦和学院・先発山口の直球を3球ファウルにし、迎えた7球目。「ウラガクは、内角を攻めてくる」。予想通り、内角の直球を右越えに走者一掃の決勝二塁打。「しっかり打ち返せた」と納得の当たりだった。山口とは昨年の決勝でも対戦し、3打数無安打に封じられただけに「リベンジできたかな」と笑顔を見せた。

 172センチ、63キロと小柄ながらバットが体に巻きつくように最短距離で出てくる左の好打者だ。

 今夏までは1、2番を務めていたが今大会は7番を担う。調子が悪くて打順が下がったのではなく「1番が打てる選手が7番にいれば、もう一度つくれる」。岩井監督からの信頼の裏返しだった。六回にも二塁打を放った背番号4。「積極的に塁に出ようという思い」を選抜出場の懸かる関東でも体現するつもりだ。

◇左腕小栗完投 6安打2失点

 花咲徳栄の左腕小栗が強力・浦和学院打線を6安打2失点で完投。「きょうは80点ぐらいの出来」と次第点を与えた。

 地区大会以来の登板で「緊張で心臓がバクバク」というように一回、1点を失い、なおも1死満塁を招いた。だが「ゴロを打たせるつもりで開き直った」とスライダーで投ゴロ併殺に仕留めた。

 二回以降は尻上がりで威力のある直球にスライダーやチェンジアップも織り交ぜ暴投による1失点のみ。背番号11は「制球や変化球の精度を高めたい」と成長を誓った。

◇投攻守に“らしさ”なく 浦和学院

 7点差の九回、1点を返す意地を見せたが、最後は竹村の二盗失敗で試合終了。投攻守において“らしさ”がなかった試合を象徴する終わり方だった。史上初の4連覇を目指した浦和学院は完敗。選手たちは試合後、涙を流して悔しがった。

 「やっぱり負けるのは悔しいね」と森監督。それもそのはず、秋の決勝は1995~2011年まで11度進んで全勝しており、その間3連覇が3度。93年以来19年ぶりの頂上決戦の黒星だった。森監督の公式戦通算400勝という記念の勝利もお預けとなった。

 今夏の甲子園以来の登板だった先発山口が誤算だった。3四死球を与えるなど4点を失い、1回持たずに降板。「自分の根性のなさが出た」と山口。打線は一回に4番高田の適時打で1点を返したが、なおも1死満塁で6番斎藤が併殺打。その後は立ち直った花咲徳栄の先発小栗に結局6安打に抑えられた。守備も4失策と、らしくないミスが続いた。これで今大会は8失策。遊撃手竹村は「毎日の練習で隙や甘えがあった」と反省する。

 甲子園出場後、慌ただしく始動した新チームのもろさがここで一気に噴出した。3年連続の選抜大会出場と、3連覇が懸かる関東大会まで約3週間。主将の高田は「必死に練習したい」と誓う。これで終わる浦和学院ではない。屈辱からの反発力、負けん気の強さこそチームの伝統なのだから。

◇高田がチーム唯一の適時打

IMG_0719
【写真】チーム唯一の適時打をなった高田(管理人撮影)

 いつもの元気がなかったチームの中で主将が気を吐いた。浦和学院の4番高田はチーム唯一の適時打を放ち、扇の要として守備でも見せた。

 4点を先行された一回1死一、三塁で反撃の中前適時打。守っては一回に相手の送りバントを素早い処理で二塁封殺し、八回にはけん制球で一塁走者を2度アウトにした。

 悔しい敗戦に「4連覇への気負いはなかった。ミスを生活の部分から立て直したい。(1年生エースの)小島に頼っていたので打撃を強化したい」と再建を誓った。

◇渡邊と伊藤が健在アピール

IMG_0467 IMG_0748
【写真】2番手で登板した渡邊(左)と3番手で登板した伊藤(管理人撮影)

 10安打8失点と打ち込まれた浦和学院投手陣の中で、左右の2人が約11カ月ぶりの公式戦の登板で健在をアピールした。

 先発の後を受け、一回途中から救援したのは左横投げの渡邊。4回2/3で3失点したものの、「久しぶりの公式戦の雰囲気を味わえた。右打者が課題」と足元を見つめる。

 3番手で上がった長身の右腕伊藤は3回1/3を失策絡みの1失点。「県営は初めてで楽しかった」と今後へ好感触を得た。関東大会はエース小島だけでは足りない。2投手の復活が層を厚くする。

(写真=管理人・文=埼玉新聞)

■決勝(10月8日)

花咲徳栄
401011001=8
100000001=2
浦和学院

【花】小栗-若月
【浦】山口、渡邊、伊藤、野村-高田

▽二塁打 山本竜2、関口、松本(花)

【浦和学院】
⑥   竹村2-1-0
⑧   服部3-1-0
③737山根3-0-0
②   高田4-2-1
⑤   木暮3-0-0
⑦   斎藤1-0-0
H313伊藤3-0-0
⑨7  佐藤3-0-0
1   野村0-0-0
H   酒本1-0-0
①   山口0-0-0
19  渡邊2-1-0
④   贄 3-0-0
4   酒井0-0-0
4   三木0-0-0
H   久保1-1-0

(打数-安打-打点)

山口 0回2/3、被安打2、0奪三振、与四死球3、4失点、自責点4
渡邊 4回2/3、被安打5、0奪三振、与四死球0、3失点、自責点2
伊藤 3回1/3、被安打3、3奪三振、与四死球1、1失点、自責点0
野村 0回1/3、被安打0、0奪三振、与四死球1、0失点、自責点0

安 打:浦6、花10
失 策:浦4、花0
三 振:浦1、花3
四死球:浦7、花5
盗 塁:浦1、花1
犠 打:浦1、花4
併 殺:浦1、花2
残 塁:浦8、花8

拍手する


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る