日本通運・福田清将(25期生)、人生初サヨナラ打 日本選手権

fukuda_20121107 fukuda_201211070919
【写真左】延長10回2死、満塁、福田(中央)は右越えサヨナラ打を放ちナインに迎えられる(スポニチ)
【写真右】十回裏日本通運2死満塁、福田(左)が右越えにサヨナラ打を放ちチームメートと喜び合う(毎日新聞)

 日本通運は途中出場の4年目・福田が野球人生初のサヨナラ打でチームを3大会連続の初戦突破に導いた。

 3-3の延長10回2死満塁から右越え打。1点を追う9回にも無死三塁から同点打を放ったラッキーボーイは「みんなにヒーローにしてもらった」と顔をくしゃくしゃにして喜んだ。浦和学院時代の04年には主将としてチームを甲子園に導いた男は「きょうみたいな接戦をものにしていきたい」と力を込めた。

(スポニチ)

◇サヨナラ打の日通・福田「俺の日だ」

 打球は勢いを失わず、右翼手の頭上を越えていった。十回にサヨナラ打を放った日本通運の福田。途中出場ながら2安打2打点の活躍に、「俺の日だ」と興奮を隠せなかった。

 2死から打線がつながった。安打と2四死球で満塁の好機。追い込まれたが「初球から振りにいけたし、外野の守備位置も確認できていた」といたって冷静だった。真ん中に来た球を逃さず、確実に捉えた。

 伯和ビクトリーズの2番手・駒谷は右横手投げ。左打者の方が有利と六回から出場した。その起用に応えたのが1点を追う九回。無死三塁の好機で打席に入ると初球はセーフティースクイズ。ファウルとなって気落ちしたかと思いきや「ファウルでも問題ないサインだったので、すぐに切り替えられた」。2球目を迷いなく振ると、前進守備の二塁手の横を抜ける同点中前適時打になった。

 日本選手権の関東地区予選。NTT東日本との1回戦では九回に追い付き、タイブレークとなった延長十二回にサヨナラ勝ち。富士重工業との代表決定戦でも2点リードを許しながら七回に3点を奪って逆転勝ち。選手は粘り強さを身に着けていた。

 「予選からこういう試合ばかり。簡単には勝たせてくれないがそれも宿命」と藪監督。勢いは本大会でも続いていた。

(毎日新聞)

■第38回日本選手権1回戦(11月6日・京セラドーム大阪)

伯和ビクトリーズ
0110000010 =3
0010100011x=4
日本通運

【伯】藤原、駒谷、谷川-上田、宮田
【日】野村、菅井-小澤

▽三塁打 今村(日)
▽二塁打 小甲、澤村(日)

D 今 村4-4-0
⑨  関 3-1-0
H9福 田3-2-2
④ 大 槻3-1-0
⑧ 小 甲5-1-0
⑦  榎 4-1-0
⑥ 澤 村3-1-2
③ 金 子4-0-0
② 小 澤5-2-0
⑤ 遠 藤3-0-0
H 松本歩0-0-0

(打数-安打-打点)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

浦学電話かけたら業務終了でワロタ

共栄 グランドフェンス崩壊してどうなるかと思ってた。
県大会後半 打線に苦しむも逆方向に打てるチームになってたのは素晴らしいの一言❗

浦学・徳栄 に共栄もある❗

埼玉はそれ以外にも強いチームがいる。証明してくれた感じがしました。

でも次も油断したら当確も危うくなる、勝とう!

優勝候補横浜がまさか敗退とか言われてるけど野球にまさかとか絶対はない。最近の埼玉は浦学、徳栄と名が知れ渡っているが春日部共栄も埼玉の強豪校ということを忘れてはいけない。
昨夏の悔しい初戦敗退から本多監督が選手との向き合い方を変えた事が変化に繋がったのか?とりあえずおめでとう!!

浦学⚾徳栄⚾の2強が早々に敗退する中出場した共栄⚾がセンバツ🌸を当確にしてくれたことに意義を感じる。
『甲子園の借りは甲子園でしか返せない』のかも知れないけど、共栄は徳栄の借りを十分返してくれたと思うし、お馴染みのチームを倒して習志野、桐蔭学園と共にセンバツ🌸行けるのも嬉しいね~😊

浦学の渡辺はA評価やけど、2、3年後を見据えての投手やな。

確かに直球は良いモノを持ってる。変化球も。

個人的に直ぐプロは疑問感じる。

じっくり育てれば大谷風には伸びるやろう。

もっと読み込む...

 

アーカイブ