埼玉西武・豊田拓矢(浦学25期生)、上々デビュー 1回無失点 監督「使える」

201402231400
【写真】ソフトバンク―埼玉西武 3番手として登板し、1回を無失点に抑えた埼玉西武のルーキー豊田=宮崎市の生目の杜運動公園(埼玉新聞) 

 埼玉西武は22日、宮崎市の生目の杜運動公園でソフトバンクとオープン戦を行い、1-8で敗れた。今季初の対外試合は黒星発進となったが、浦和学院高出のルーキー右腕・豊田拓矢(TDK)と野手転向3年目を迎えた埼玉栄高出の外野手・木村文紀がそれぞれアピールした。

◇監督「使える」 腕の振り抜群、速球と変化球駆使

 ドラフト3位の新人豊田(浦和学院高出、TDK)が3番手で登場し、1回無安打無失点。パッとしなかった投手陣の中で、まずまずの結果を残した。

 キャンプでは打撃投手でしか登板しておらず、初の実戦がオープン戦。「全然冷静になれなかった。真っすぐが浮き、あまり良くなかった」と反省ばかりを並べたが、生命線と自負する抜群の腕の振りから最速149キロの直球と変化球のコンビネーションを駆使した。

 明石、中村をテンポ良く打ち取った。続く今宮には安打を許したが、捕手の炭谷が二盗を防いだ。本人は、全く満足してなかったが、伊原監督は「これからどんどん上がってきて、もっと速いボールも出てくる。間違いなく使える」と戦力として期待を口にする。

 収穫もあった。今宮にフルカウントからカーブを中前にはじき返された場面を振り返り、「社会人とプロでは対応力が違う」と実感。それでも「変化球はそこそこ良かった。カーブはプロでも通用する」と手応えを口にした。

 キャンプでの投げ込みや走り込みなどで、バテている状態だというが、「浦学でのつらさを考えれば、やっていけます」と、愛嬌(あいきょう)たっぷりの笑顔で高校時代を回想する。「0点に抑えることが投手としての役目。そこを心掛けてやっていく」。今後の抱負を問うと、たちまち表情が引き締まった。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

千葉県インハイトーナメント
学浦会場
学館浦安vs野田中央
今季は学浦は2回目、野田中央は初の観戦です。
前半1-0学浦リード
両チーム共に前線のスペースへボールを蹴り込む展開、セカンドボールの奪い会いの際の気合いが凄い!
ゲーム内容は予想に反して、野田の頑張りで五分五分かな~

もぉ10年間浦学と徳栄に勝ってないのか。

そー考えたら

まじでノーシード厄介だなぁ。

うーん🧐
まぁでも今年の共栄なら大丈夫と思いたい

1発勝負って怖いね

明治のキャッチャー、今更ながら西野なんだ!φ(.. )

浦学時代、何度補殺や牽制死を観た事かw
あれは、凄かった😅

もっと読み込む...

 

アーカイブ