<浦和学院だより>基本から応用へ 江口「実戦感覚取り戻す」

 開幕まで5週間を切ったチームは16日、午後4時から約2時間の全体練習に取り組んだ。

 練習ではウォーミングアップとキャッチボールの後、シートノックを実施。これまで捕球、送球などの基本動作を徹底してきた段階から、投内連係や状況判断が求められる応用練習に入った。送球時には選手間で、受け手の身になってボールに思いを込める「メッセージボール」を意識させる掛け声が飛び交った。

 その後のロングティーでは「駄目なスイングではボールは飛ばない」と中村コーチ。打球の質や飛距離を確かめながら夕焼けに快音を響かせた。

 投手陣の一部は坂道ダッシュやランニング、肩周りの筋肉強化を目的とするピッチャートレーニングで汗を流した。

 昨秋エースナンバーを背負った左腕江口は「シートノックでも足が動いていて、冬場にやってきたことが形に表れている。実戦感覚を取り戻すために、無駄な時間をつくらず一日一日を大切に過ごしたい。内容の濃い練習を自分のものにできるようにする」と目を輝かせた。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

千葉県インハイトーナメント
学浦会場
学館浦安vs野田中央
今季は学浦は2回目、野田中央は初の観戦です。
前半1-0学浦リード
両チーム共に前線のスペースへボールを蹴り込む展開、セカンドボールの奪い会いの際の気合いが凄い!
ゲーム内容は予想に反して、野田の頑張りで五分五分かな~

もぉ10年間浦学と徳栄に勝ってないのか。

そー考えたら

まじでノーシード厄介だなぁ。

うーん🧐
まぁでも今年の共栄なら大丈夫と思いたい

1発勝負って怖いね

明治のキャッチャー、今更ながら西野なんだ!φ(.. )

浦学時代、何度補殺や牽制死を観た事かw
あれは、凄かった😅

もっと読み込む...

 

アーカイブ