記事の詳細

 (29日・県営大宮ほか)

 第4日は準々決勝が行われ、浦和実、浦和学院、春日部共栄、花咲徳栄がそれぞれ勝ち、準決勝に進出した。

 浦和実は立教新座を5-4で下した。延長十一回に2死一、二塁から小田が右前打を放ち、6年ぶりのベスト4に進出。春日部共栄はふじみ野に3-2で競り勝った。1点を追う七回、高橋、川畑の適時打で逆転した。

 4季連続の甲子園を目指す花咲徳栄は本庄第一に6-5と辛勝。同点の五回に高井の適時二塁打で勝ち越しに成功した。3連覇を狙う浦和学院は星野を9-2と七回コールド勝ち。蛭間がソロ本塁打を含む3安打5打点と活躍した。

 準決勝は国体期間を挟み10月8日、県営大宮で浦和実-浦和学院(10時)。春日部共栄-花咲徳栄(12時30分)のカードで行われる。それぞれの勝者が来年の選抜大会へ最終関門となる関東大会(10月22~24、29、30日・栃木)の出場権を獲得する。

浦学、快勝を手繰る好走塁

 「あの1点は大きかったね」。浦和学院は、森監督が褒めたワンプレーから快勝につなげた。

 一回1死一、二塁。4番山本がフェンス際まで運ぶ大きな右飛を放った。二塁走者杉山は当然タッチアップし三塁へ。ここからだった。右翼手から返球を受けた二塁手の気が抜けた瞬間だ。杉山は「二塁手がボールを持っていて、捕手は後ろを向いてマスクをかぶろうとしていた。いけると思った」と難なく本塁を陥れ、労せずして先制に成功した。

 家盛の左前打と燈中の三塁打でこの回3点。二回にも蛭間、山本の連続適時打で3点を加え、早々決着させた。テーマの走塁で流れをつかんだ一方、中盤からは点を返される場面もあり、杉山は「最後まで集中が切れないように練習から意識してやっていきたい」と引き締めも忘れなかった。

序盤に大量失点、分厚い壁に屈す 星野

 初8強の勢いは分厚い壁にはね返された。

 序盤の大量失点が響き、浦和学院に敗れた星野の飯野監督は「中盤までくっ付いていけたら、いい勝負になるかなと思っていたが」と思惑が外れ、力の差を認めた。それでも計7安打で2点を奪い、無抵抗のまま終わらなかったのは来年へつながる。

 主将の星野は「このベスト8という経験は自信になる」と視線を上げた。

(埼玉新聞)

 試合結果
 県大会準々決勝 9月29日(市営大宮球場)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
星野 0 0 0 0 1 0 1     2 7 0
浦和学院 3 3 0 2 0 0 1x     9 10 0
【浦】 佐野、渡邉、清水-秋山
【星】 湯澤-清水
蛭間(浦)
燈中(浦)安藤(星)
蛭間2(浦)後藤、櫻井(星)
 浦和学院打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
矢野 3 1 0
杉山 3 1 0
蛭間 3 3 5
山本 2 2 2
家盛 3 1 1
燈中 3 1 1
1 渡邉 0 0 0
1 清水 0 0 0
秋山 3 0 0
①7 佐野 3 0 0
森川 2 1 0
25 10 9
 星野打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
星野 3 0 0
風間 3 0 0
安藤 4 2 0
櫻井 3 1 0
小山 2 0 0
湯澤 3 1 0
飯野 3 1 0
後藤 2 1 1
R5 鯨井 0 0 0
H 松澤 1 0 0
5 佐藤 0 0 0
清水 3 1 1
27 7 2
 投手成績
TEAM 選手名 被安打 奪三振 四死球 失点 自責点
浦和学院 佐野 6 4 9 2 1 1
渡邉 1/3 3 0 0 1 1
清水 2/3 0 2 1 0 0
星野 湯澤 6 0/3 10 2 3 9 9
TEAM 三振 四死球 犠打 盗塁 失策 併殺 残塁
浦和学院 2 3 2 3 0 1 3
星野 11 3 0 0 0 0 7

 序盤で試合を決めた浦和学院が10安打9得点で快勝。一回に家盛、燈中の連続適時打などで3点を先制すると、二回にも3安打を集めて3点を追加した。星野は五、七回に1点ずつ返し反撃したが、二回までの6失点が重すぎた。

拍手する

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る