158チーム参加し7月10日開幕・埼玉大会組み合わせ決定

 7月10日に県営大宮球場で開幕する第91回全国高校野球選手権埼玉大会の組み合わせ抽選会が19日、さいたま市民会館おおみやで行われ、前回より1チーム増の出場158チームの対戦が決まった。選手宣誓は小鹿野の大森脩弘主将が務め、開会式後の開幕試合では秩父-川口工が激突する。

 第90回記念大会の昨年は南北埼玉大会に分かれて実施し、2校が全国高校選手権に出場したが、今回の甲子園代表は再び1チームに戻った。

 春季関東高校大会で6年ぶり2度目の栄冠を獲得し、前回の南埼玉大会を制したAシード浦和学院は、4年連続11度目の甲子園を狙い、初戦の2回戦で菖蒲と対戦。春季県大会準優勝でAシードの埼玉栄は、南稜の挑戦を受ける。Bシード勢は武蔵越生が大宮東と、武南は松伏と顔を合わせる。昨年の北埼玉大会で優勝し、甲子園に初出場した本庄一はノーシードで臨み、深谷一と1回戦を争う。

 開会式は午前11時、開幕試合は午後1時30分に開始。決勝は29日正午から、県営大宮球場で行われる。

▼俺たちの夏到来 夢の切符つかめ

 第91回全国高校野球選手権埼玉大会の組み合わせ抽選会が19日、さいたま市民会館おおみやで行われ、参加158チームの初戦(1、2回戦)の対戦カードが決まった。

 春季県大会で優勝した浦和学院と準優勝した埼玉栄のAシード校がくじを引いた後、同大会16強以上のB、C、Dシード勢が続き、その後ノーシード校が到着順に抽選した。

 会場一番乗りは大宮東。自転車で午前3時半に到着して1人で並んだ高橋潤記録員は「寝ないで来ました」と気合をみなぎらせた。森口剛主将は「吉本監督から一回の入りでも、バッティングの1球目でも『1』が大事と言われていた。到着1番で夏の勢いが付けば」と力を込め、2回戦の初戦はBシードの武蔵越生に決まった。

 選手宣誓は第91回大会にちなみ、91番のくじを引いた小鹿野の大森脩弘主将が務める。

▼4連覇の偉業なるか 浦和学院

 昨夏は埼玉大会史上初の3連覇を達成したAシード校の浦和学院。今年はさらなる偉業の期待がかかる。

 森監督は「夏は気の許せる相手はどこにもいない」と引き締めた。秋の県大会では初戦敗退も、春にはしっかり復活。県大会を制すと、関東高校大会の頂点まで上り詰めた。

 だが、主将の島津は「関東は通過点にすぎない。夏が本番」と冷静。5回戦では聖望学園、準々決勝では北埼玉大会の王者本庄一との対戦が予想されるが、「一球一球無駄にしないよう戦い、まずは目の前の敵を倒す」と意気込んだ。

▼「1勝目標に練習」初戦強豪・浦和学院に挑む 菖蒲

 2番のくじを引き当てた菖蒲が初戦で浦和学院と対戦することになった。主将の三上は「最強の相手に当たってしまった。どう仲間に伝えればいいのか」と動揺しきりだった。

 来年度から蓮田新校(仮称)に統合され、菖蒲の校名での出場は本年度限り。現在は3年生しかおらず、「1勝だけを考えて練習を積んできた」と三上。野球部員は6人で、陸上部員4人とともに夏を迎える。

▼「南北の王者が中心に」浦和学院-越ヶ谷ゾーン

 前回南埼玉大会優勝の浦和学院、同北埼玉大会王者の本庄一が名を連ねる激戦区。4連覇を狙うAシードの浦和学院は5回戦での対戦が見込まれるDシードの聖望学園戦がヤマか。昨夏の主力が健在なノーシードの本庄一は、順当なら3回戦でDシードの八潮南と争う。1回戦は滑川総合-松山が好カード。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ