試合速報はこちら

全国高校野球埼玉大会、あす開幕 大会展望

 第103回全国高校野球選手権埼玉大会は9日、県営大宮球場で連合6チームを含めた149チーム(160校)が参加して開幕する。

 優勝争いは、春季県大会王者の浦和学院と同準優勝で埼玉大会6連覇を狙う花咲徳栄の両Aシードが本命。昨秋の県大会で優勝した昌平、公立の雄・上尾の両Bシードや春日部共栄、立教新座など地力があるCシード勢も黙ってはいない。

 1校の甲子園切符を懸けた熱戦の行方を、四つのゾーンに分けて探った。

浦和学院-立教新座ゾーン「春の王者軸に展開」

 3年ぶりに頂点を狙うAシード浦和学院が大本命。Cシード立教新座が続き、2強を中心に追う展開になりそうだ。

 浦和学院は、投打に高レベルで粘り強い。打線は、1番吉田匠から松嶋、吉田瑞、三奈木の3~5番へとつなぐ意識が高い。2年生のエース宮城は、制球力が抜群。他にも伸びのある直球が武器の三奈木に吉田匠、金田と粒ぞろい。初戦はともに“私学4強”と言われる聖望学園との注目カードだ。

 その聖望学園は、小林、山本を軸とした機動力野球が特徴。佐々木、北原ら課題の投手陣の出来が勝負の鍵を握る。

 打倒本命の1番手に挙げられる立教新座は横山、白金ら好打者が上位打線に並び、南木、金子ら中軸が勢いに乗ったら止められない。投げては、エース高橋が140キロ近い直球と多彩な変化球で中心となる。桶本、狩野ら控え投手の力も借りて終盤戦に備えたい。

 昨夏の独自大会王者で、ノーシードの狭山ヶ丘は投手陣に大黒柱不在だが、小山、宮下ら優勝経験のある野手が攻守にカバーする。狭山ヶ丘と初戦で激突する昨秋県大会準優勝のDシード細田学園は、最速142キロのエース松本に巧みな投球術が光る飯吉と、守りに安定感がある。互いに昨年、躍進したチーム同士の一戦に目が離せない。

 堅守の市川越、2年生エース菊池を擁すDシードの本庄東なども虎視眈々と準決勝を狙う。

春日部共栄-上尾ゾーン「シード中心に白熱」

 Bシード上尾とCシード春日部共栄を筆頭に秀明英光、大宮北の両Dシード、さらにノーシードの川越東、山村国際が追う構図だ。

 公立の雄・上尾は、エース新井と中沢の二枚看板を軸に勝負強い。新井は、丁寧なマウンドさばきで凡打の山を築き、中沢は力強い投球で相手を打ち取る。打線は、つなぐ意識が徹底され、後藤、金丸、中村としぶとく小刻みに得点を奪う。初戦は右下手投げの鈴木を擁する川越工と激突。技巧派相手にどう攻略するか。

 春日部共栄は強打者の1番増田が攻撃をけん引する。さらに山口叶、石崎、吉村のクリーンアップに長打が見込めるだけに、エースの高橋や広瀬凜、来栖ら投手陣がいかに最少失点で抑えられるかが重要だ。

 秀明英光は最速142キロのエース岩井が大黒柱。幅広い投球術で相手を打ち取る。上位進出へ長嶋ら2番手以降の底上げが成功し、誰が先発してもおかしくない。順当に勝ち上がれば4回戦で秀明英光とぶつかる山村国際は、波田野ら積極的な打撃が特徴だ。投げては、エース喜多村、登坂らタイプが違う投手がそろう。

 大宮北は、春季県大会後に複数の主力が負傷離脱したものの、長沢と古田ら投手陣を中心に守りが堅い。川越東は、エース吉藤と得点源の矢矧を中心に攻守のバランスが整っている。

埼玉栄-昌平ゾーン「昨秋覇者、視界良好」

 昨秋の県大会覇者のBシード昌平が準決勝進出へ視界良好。Cシード埼玉栄、Dシード川口市立らがどこまで迫れるか。

 昌平の打力は破壊力抜群。春に急成長した山村と高打率の福地の1、2番コンビに右の大砲・吉野、勝負強い古賀と強打者が並ぶ布陣だ。下位は川田に寺山と小技や足を絡めた攻撃ができる。打線が計算できるだけに、投手の出来が重要だ。エース田村は切れのある球を武器に凡打の山を築く。上位進出を狙うためにも川島、川久保と2、3番手の力も必要不可欠。

 埼玉栄は粘り強い守りから攻撃へ流れをつくる。エース塚本は140キロ台の直球を武器に強化した体力で連投も可能。制球力がある倉林に山浦、林とリリーフ陣にも期待したい。下田、鷹巣、五関の上位打線で得点を奪うことができれば理想的だ。

 埼玉栄と5回戦で顔合わせが予想される川口市立は、絶対的エース原口と2年生の捕手沼口のバッテリーに安定感がある。失点をある程度抑えられると計算できるだけに阿部、松尾の好打者がいかに好機をものにできるかが4強入りへの鍵となりそうだ。

 Dシード早大本庄も侮れない。春季県大会4試合に先発した斎藤は、切れのある球で勝負し、制球力がある依田に石田ら投手陣が豊富で多彩。昨夏4強の正智深谷や星野など、ノーシード勢も力を備えている。

花咲徳栄-浦和実ゾーン「実力校がひしめく」

 総合力で頭一つ抜けているAシード花咲徳栄が最有力候補。だが、Cシード浦和実にDシード大宮東、ノーシード勢の西武台、山村学園と実力校がひしめくだけに、油断はできない。

 6連覇を狙う花咲徳栄は今夏も県内随一の強力打線。飛川、浜岡、冨田、味谷の2~5番は連続長打で大量得点を奪える。加藤、秋山と下位にも強打者が並び切れ目がない。投手は高安の復帰が明るい材料。エース松田とともに先発陣を支えるが、序盤から朝霞、春日部東など侮れない相手との戦いが続き、リリーフ陣の金子、堀越の活躍が不可欠になる。

 順当に勝ち上がれば花咲徳栄と4回戦でぶつかる西武台は、2年生の渡辺がけがから回復し攻守でけん引。投げては最速143キロの直球を武器にし、打っては長距離打者として攻撃の口火を切る。

 浦和実は派手さはないが、エース栗山と佐々木の投手陣を中心に堅守だ。熊谷、佐藤ら好打者が援護できるか。大宮東は2年生がスタメンに多く入るが、宇田ら3年生の頑張りにも期待したい。

 大宮東と4回戦で激突が予想される山村学園は、2度目の夏に挑むエース小泉に打撃センスが光る佐藤裕を筆頭に投打に能力が高い。試合巧者ぶりが発揮できるかが勝負の鍵を握る。

 夏に強いイメージがある白岡と川口の公立勢の快進撃も可能性がある。

(埼玉新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。