浦和学院、聖望学園破り決勝進出 秋季県高校野球

 (6日・県営大宮)

 第7日は準決勝を行い、4連覇を狙う浦和学院と、4年ぶりの優勝を目指す花咲徳栄の両Aシードが決勝進出を果たし、選抜大会への最終関門となる関東高校大会(27~31日・群馬)への出場権を獲得した。

 浦和学院は関東高校大会出場、決勝進出ともに4年連続14度目。花咲徳栄はともに2年連続8度目。両校の決勝対決は2年連続6度目となる。

 浦和学院は同点とされた直後の八回、1死満塁から斎藤の右前打で勝ち越すと、小島の2点適時打で聖望学園を4-1と突き放した。先発小島は制球が良く、被安打2で1失点完投。花咲徳栄は一回に若月の適時打などで2点を先制。1点差とされた三回には古川の中前打で1点を追加し、川越東を3-1で振り切った。先発関口は8安打浴びたものの要所を締めた。

 決勝は7日、県営大宮球場で午前10時から行われる。

◇小島快投 2安打完投

201210071436.jpg
【写真】聖望学園打線を2安打に抑え、完投した浦和学院の小島(埼玉新聞)

 1年生小島の快投が、浦和学院を4年連続の関東大会へと導いた。ここまでの3試合で27得点と強打を誇る聖望学園をわずか2安打に抑え1失点完投。「きょうは小島に尽きる」と森監督を思わずうならせた左腕は「最後の一人まで集中できていた」と拳を握った。

 高い修正能力を見せつけた。上尾との準々決勝では、一回に6安打を浴び3失点。だがこの日は違う。「先頭の1球目から百二十パーセントで投げろ」と森監督のげきに応え、立ち上がりからエンジン全開だ。130キロにも満たないが、打者の手元で伸びる上質な直球で打者の内角をえぐった。

 「とにかく腕を振る」と四回まで41球、3人ずつで切って取った。七回に完全に打ち取った投ゴロを自身が一塁へ悪送球し、同点とされたが「絶対に逆転されてはダメだ」。自らに言い聞かせ、続く2死二、三塁の大ピンチでもひるむことなく内角直球勝負。初球で遊飛に仕留めた。

 打線が応えたのは直後の八回。山根、高田の連打などで1死二、三塁を築くと渡邊が2度スクイズを失敗しながらも四球を選び満塁。ここで斎藤の右前打で勝ち越すと、背番号1が打席でも魅せる。2球目を中前にはじき返し、自身を強力に援護する2点を追加した。「まずは明日。勝つことだけ」とチームの思いを代弁する小島。浮かれることなく目の前の試合に全力を誓った。

◇泥くさく決勝打 斎藤

201210071440.jpg
【写真】8回表浦和学院1死満塁、斎藤が右前に決勝打を放つ。捕手中島(埼玉新聞)

 浦和学院の7番斎藤が前の試合の悔しさをぶつける決勝打を放った。

 1-1と追い付かれた直後の八回。仲間がつないでくれた1死満塁の絶好機に燃えないわけがなかった。準々決勝の上尾戦では、九回の無死満塁で空振りの三振に倒れている。それだけに「不安もあったけど全力で、がむしゃらに、必死に食らい付いた」。2球目の内角低めのツーシームを振り抜き右前に運んだ。

 打撃とガッツを買われて県大会からメンバー入り。この日は3安打と、下位には欠かせない左の強打者だ。「とにかく一球に対して泥臭くいきたい」。自身初となる決勝の舞台でも、持ち味を存分に発揮するつもりだ。

◇一瞬の勝機で凡退 聖望学園

 劣勢の中、勝利の女神がほほ笑みかけたのは一瞬だった。しかし、聖望学園はその手をうまく招き寄せられず、浦和学院に完敗。岡本監督は「やったらあかんミスで流れを渡してしまった。それを理解できていない。もったいない」と悔やみ切れない様子だった。

 最大のヤマ場は0-1の七回だった。敵失で労せず同点に追い付き、さらに2死二、三塁と勝ち越しのチャンス。相手は動揺している。ここまで1安打に抑えられていたことを考えれば、何が何でも点を取りたい場面だ。

 しかし、8番田畑は初球に手を出し、簡単に内野フライを上げてしまった。「ゴロを打てば全然違うのに」と岡本監督。二回にも2失策が絡んで先制点を与えており、捕手の中島は「チーム全体として一個のミスを防げなかった」と反省する。

 七回まで7安打を浴びながら1失点で粘っていたエース川畑も結局八回につかまり、「詰まらせても抜けていっちゃう。力不足だった」と受け入れた。田畑は「徹底力を鍛えたい」とひと言。接戦だっただけに小さなミスが目立つ結果となった。

◇決勝みどころ

 2年連続の決勝対決。4連覇を狙う浦和学院か、夏のスタメンが6人残り必勝を期す花咲徳栄か。昨年は浦和学院が終盤に突き放し11-3。戦力的には互角だが今回はチームの仕上がり具合で花咲徳栄がやや優位か。

 打線の奮起が勝敗の鍵を握る。浦和学院は、夏の甲子園以来の1番に戻った竹村が出塁し中軸、下位へとつなげていきたい。花咲徳栄はここ2試合のように、序盤で得点を奪えるか。絶好調の4番若月の前に走者を置けるかがポイント。

 先発は疲労などを考慮し両エースは温存と見る。浦和学院は右腕涌本、花咲徳栄は右腕木暮または左腕小栗と予想。両チームとも堅守なだけに、投手はテンポよく打たせて取り、打線に好リズムをもたらしたい。浦和学院・高田、花咲徳栄・若月の両捕手の駆け引きにも注目だ。

(埼玉新聞)

■準決勝(10月6日)

浦和学院
010000030=4
000000100=1
聖望学園

【浦】小島-高田
【聖】川畑-中島

【浦和学院】
⑥竹 村5-0-0
⑧服 部5-1-0
③山 根5-1-0
②高 田4-2-0
⑤木 暮2-1-0
⑨渡 邊3-0-0
⑦斎 藤4-3-1
①小 島2-2-2
④ 贄 3-1-0

(打数-安打-打点)

安 打:浦11、聖2
失 策:浦2、聖2
三 振:浦0、聖4
四死球:浦2、聖2
盗 塁:浦2、聖0
犠 打:浦4、聖1
併 殺:浦0、聖2
残 塁:浦8、聖5

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

歌:三浦大知
作詞:天皇陛下
作曲:皇后陛下
編曲:田中秀和
Guitar:堀崎翔
Bass:千ヶ崎学
Drums:山内"masshoi"優
Tambourine:永野愛理

野球がないこの冬は暇で仕方ない…

早く春にならないかなー
浦学野球はもちろん、六大学も東都も本当に楽しみで今からワクワクしてる!
河北君と佐野君の投げ合いとか上野君と対決とかあったらもう涙涙で直視できないかも(笑)
浦学の子達みんな頑張ってほしいなー
野球続ける子もそうでない子も全員☺️

もっと読み込む...

 

アーカイブ