<浦和学院だより>課題確認し守備練習 沖縄合宿へ再スタート

201302271201.jpg
【写真】投内連係を練習する一塁手木暮(左から2人目)左腕野村(右端)ら=26日午後、浦和学院グラウンド(埼玉新聞)

 チームは26日、同校グラウンドで3月4日からの沖縄合宿に向けて全体練習を再開。シートノック、フリー打撃、トレーニングなど約6時間の濃い内容だった。

 中でも最も力を入れていたのが守備練習。静岡合宿の実戦形式で出た反省点を頭にたたき込み、投手を交じえたシートノックを1時間半行った。

 ケースは内外野ともに走者なし、走者一塁からランダムで実施。森監督から「一つの打球を全員で取りにいけ」と檄(げき)が飛ぶと、すぐさま遊撃手竹村が「一球に集中しよう」とナインに声を掛けるなど、活気のある練習風景だった。

 シートノック開始前には、静岡合宿に帯同した29人が中心に、それ以外の選手も加わって投手、内野、外野陣に分かれ課題をもう一度確認してから練習に取り組んだ。高田は「全員に浸透させることが、合宿に行った者の責任」と、試合に出る出ないにかかわらず、チームの“共通理解”が不可欠だとした。

◇志高く強打に磨き 木暮

 昨秋の関東大会決勝では、サヨナラ勝ちの口火を切る二塁打を放つなど、勝負強さと打球の速さが魅力的な木暮。「芯に当たっていて、いい感触。センター中心に打ち返せるようになってきた」と、実戦練習の中での手応えを口にする。

 今後の鍵は変化球への対応だという。この日のフリー打撃では、少しドアスイングになってしまう癖の矯正に力を注いだ。「詰まってもいいので、内からバットを出して右に打つことを意識してます」。右の強打者は本番までに完璧を目指す。

◇熱望する舞台へアピール誓う 涌本

 右腕涌本が甲子園のマウンドを熱望している。

 この日はブルペンでの投げ込みは行わなかったが、静岡合宿では紅白戦に登板し「納得するまでではないけど、制球もだいぶ定まってきた」と表情は明るい。

 期待されながらも、これまで甲子園での登板はゼロ。前回の選抜大会は直前に肘を故障し、昨夏はメンバーには入ったもののブルペンを温めただけだった。それだけに「今回こそ」という思いは誰よりも強いはず。「小島がエースだけど、なるべく多く投げられるように努力したい」と実戦でのアピールへ最善を尽くすつもりだ。

(埼玉新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

藤原選手、千葉出身の投手から打ったのか。
浦学も彼にこてんぱんにやられたけど、彼自身は現在浦和の寮で生活…。
なんか持ってる人だなぁ✨(※良い意味で)

サンバファンファーレからの
浦学サンバキタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!!

もっと読み込む...

 

アーカイブ