際立った浦和学院の強さ 埼玉大会を振り返って

TKY201307290337.jpg
【写真】ガッツポーズをする浦和学院の選手たち(朝日新聞埼玉版)

 156チームが参加し、浦和学院の連覇達成で幕を閉じた埼玉大会。選手たちは大舞台で実力を発揮し、歴史的な記録も生まれた。

 浦和学院のエース小島和哉(2年)が、埼玉平成との準々決勝で史上3人目となる完全試合を達成。春日部の橋本龍之介(3年)、花咲徳栄の関口明大(3年)は、無安打無得点試合を成し遂げた。3投手はいずれも球に球速表示以上の威力があり、制球が抜群だった点が共通する。バックの好守が快挙達成を後押ししたのも見逃せない。

 また、本庄一の平良チアゴ(3年)は常時140キロ前後の球速を計測。ノーシードから8強入りの原動力になった埼玉平成の佐々木誠太(3年)は、縦のスライダーに切れ味が光った。春日部共栄の西沢大(3年)は気迫を前面に出す投球が印象的だった。

 初の決勝進出で、甲子園に一歩及ばなかった川越東。チームは決勝戦でも力強い打撃を見せ、浦和学院のエース小島から9安打を放ち、持ち味を発揮した。

 今回も私学の強さが目立ったが、16年ぶりに4強入りした市川口の快進撃は公立勢に勇気を与えた。また、浦和学院に準決勝で惜敗した聖望学園はエース川畑諒太(3年)が好投。寺田和史(3年)や中村郁人(2年)ら主軸は頼もしいスイングを見せた。

 出場チームがしのぎを削るなか、選抜優勝校・浦和学院の強さは際立っていた。エース小島を中心に7試合の失策は1。相手に主導権を握らせない守備の堅さ。接戦になっても常に落ち着いていた。勝ち進むごとに打線は上向き、1県1代表になった1975年以降の決勝では新記録となる16得点をたたき出した。2年連続12回目の優勝を果たした勝ちっぷりは、甲子園での活躍を十分期待させる内容だった。=敬称略

(朝日新聞埼玉版)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

藤桐祭の時の
浦学共栄戦楽しかったねー

高校野球の
応援ダンスが面白すぎるwwwwww

#浦和学院 #甲子園 #高校野球 #応援 #ナイスキャラ

#名刺代わりの小説10選
悲しみよこんにちは/サガン
家守綺譚/梨木香歩
風が強く吹いている/三浦しをん
とっぴんぱらりの風太郎/万城目学
宵山万華鏡/森見登美彦
風に舞いあがるビニールシート/森絵都
チルドレン/伊坂幸太郎
バッテリー/あさのあつこ
蜜蜂と遠雷/恩田陸
神様のボート/江國香織

そして二十数年前の浦学野球部は武蔵野線乗っててクッソ態度悪い奴ばっかだったのでいまだ甲子園埼玉代表になると応援出来ない。

今日の収穫:手塚富雄訳『ゲオルゲ詩集』(岩波文庫)、つげ義春『つげ義春とぼく』、三木清『読書と人生』(以上新潮文庫)、庄司薫『さよなら怪傑黒頭巾』『白鳥の歌なんか歌えない』『狼なんかこわくない』(以上中公文庫)、滝浦静雄『時間』、木田元『現象学』、斎藤忍随『プラトン』→

もっと読み込む...

 

アーカイブ