記事の詳細

 (12日・川越初雁ほか)

 東西南北の各地区で一斉に開幕。9球場で1回戦24試合が行われ、エース右腕堀越が4安打完封と好投した西武文理が、昨秋8強の川越東を5-0で下した。山村国際は昨秋4強の狭山ケ丘を3-0で破り、2009年の創部以来初めて春季大会で白星を挙げた。

 昨秋覇者の浦和学院は栄東を10-0の六回コールドで退け、春の県大会4連覇に向けて好スタートを切った。昨秋8強の西武台は埼玉栄に10-0で五回コールド勝ちを収めた。

 13日は各地区で1回戦計22試合が行われる。

(埼玉新聞)

 試合結果
 南部D組1回戦 4月12日(市営浦和球場)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
栄東 0 0 0 0 0 0       0 2 1
浦和学院 0 3 2 0 2 3x       10 10 0
【栄】 高橋ー黒田
【浦】 榊原-梶山
家盛2(浦)
梶山2、桑原樹(浦)
 浦学スタメン
打順 位置 氏名 学年 安打
1 山本 2年 2
2 杉山 2年 0
3 諏訪 3年 0
4 前田 3年 1
5 幸喜 3年 1
6 桑原樹 3年 1
7 榊原 3年 0
8 梶山 3年 3
9 家盛 2年 2
 投手成績
TEAM 選手名 被安打 奪三振 四球 死球 失点
浦和学院 榊原 6 2 4 0 0 0

浦和学院高校HPより

浦和学院高校に来日しているロビーナ高校が浦学戦を応援(野球部は毎年修学旅行でオーストラリアを訪問している)

201604141400 201604141401 

拍手する


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る