譲らぬ決勝切符 あす準決勝 見どころ 高校野球埼玉大会

 第100回全国高校野球選手権記念南埼玉大会は21日、県営大宮で準決勝が実施される。5年ぶりの甲子園を狙う春季大会王者のAシード浦和学院と一昨年準優勝のDシード聖望学園が激突。5年ぶりの決勝進出が懸かるノーシードの川越東と初の決勝進出を目指すノーシードの川口が対戦する。準々決勝までのデータを基に準決勝の見どころを探った。

浦和学院「安定感光る投手陣」

 守備からリズムをつくる両チームだけに、投手陣の出来が鍵になる。継投のタイミングも重要になりそうだ。

 浦和学院のエース右腕河北は3試合に先発し10回無失点と安定感抜群。プロ注目の右腕渡辺は準々決勝の登板機会はなく、河北とともに登板が濃厚。右横から140キロを超える直球を投げる1年生の美又はワンポイントリリーフもあり得る。

 投手陣を援護したい打線は、打率6割を超える1番中前、復帰したばかりで打率5割ちょうどの2番矢野を蛭間、上野、後藤と続くクリーンアップでかえすのが理想的だ。

聖望学園「2枚看板で主導権」

 対する聖望学園は防御率2・25のエース坂本と防御率3・87の広瀬の両右腕が軸。準々決勝で満を持して初先発した坂本が先発か。いずれにしても、粘り強く投手戦に持ち込みたい。

 20犠打と徹底して得点圏に走者を進め、ときにはスクイズも仕掛けるしたたかな攻撃が今年の武器。打率6割4分3厘の3番柳沢、5打点の4番蔵田の中軸は長打力もあり、小技を絡めながら確実に1点をもぎ取りたい。

川越東「自慢の強打で流れ」

 ここまで49安打36得点の川越東は、チーム打率が4割0分8厘と4強の中で最も高く、長打の数も23本と飛び抜けている。山形、山本、前多、吉藤、浪江の5人で本塁打は7本。好投手を擁するシードの山村学園や市川越にも打ち勝ってきた。

 エース右腕小笠原は打者80人に対して2四球の制球力が強み。低めに集め、思い切りよく振ってくる相手打線を打たせて取りたい。9回1/3で無失点の2年生右腕宮崎の好投も期待できる。

川口「点取り合戦も自信」

 川口は打ち合いも望むところ。打率4割2分1厘とチームトップの1番相馬の出塁をきっかけにつなぐ意識が高い打線は止まらない。9打点とポイントゲッターの4番豊田の前にいかに走者を出せるかが重要だ。

 2年生エース右腕岩城は四球など無駄な走者を出さずに粘り強く投げたい。多少の安打を打たれることは覚悟して打たせて取れるか。野手は無失策で盛り立てたい。

(埼玉新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ライオンズ、あまり話題になってないけど早稲田大学の小島和哉を取りに行かないかな?
サウスポーに地元埼玉出身、浦和学院のエース。
地域密着という割に埼玉出身の選手少ないし(;^_^A
#seibulions #早稲田大学 #浦和学院 #小島和哉 #ドラフト会議

小島和哉(早稲田)ドラフト候補の現在は?球速や球種は?浦和での実績も!

追記:プロ志望届を提出しました。 その他、提出選手はこちら →プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限…

sports-brothers.com

浦学の渡邊か徳栄の野村どっちかは獲ってほしい😊

投手なら日体大の松本が1番でしょ。で、東洋大三羽ガラスなら断然梅津。でも適正はリリーフかな。リリーフなら松本の同僚の日体大の東妻や国学院大の清水もいいと思う。日通の生田目は今度こそ指名がしかも上位でありそう。あとは浦学の渡邉君はハズレ1位で消えてもおかしくないかと。

【🎃青学新聞10月号🎃】

✱ミス・ワールド・ジャパン
日本伝統文化賞受賞
三浦菜さんインタビュー🎌💕

✱相模原祭レビュー
武田玲奈さんトークショーの模様✨

✱出雲駅伝🎽

✱社会情報学部
鳥取県に分室 利用方法とは?🐤🐦

もっと読み込む...

 

アーカイブ