浦和学院コールド発進も「課題が多く、まだまだ」

 (12日・県営大宮ほか)

 4地区で1回戦計20試合を行い、昨年夏の甲子園に出場した南部H組の浦和学院は連合チームに20-0で大勝した。

 北部D組の熊谷商は11-1で秩父農工科に五回コールド勝ち。西部E組の狭山ヶ丘は6-5で坂戸に競り勝ち、東部G組は庄和が3-1でシード宮代を破った。

 13日は各地区で1回戦20試合が行われる。

(埼玉新聞)

浦和学院コールド発進も「課題が多く、まだまだ」

浦和学院はプロ注目・中前を中心に16安打20得点で大勝した

 昨夏甲子園8強の浦和学院(埼玉)が、今季初の公式戦で5回コールド発進した。四校連合(いずみ、大宮商、大宮西、大宮武蔵野)相手に16安打。敵失(7失策)にも乗じ、20得点と危なげなかった。

 甲子園から戻って間もない昨秋県大会は初戦敗退。森士監督(54)は「新チームが始まってからもう200日くらい。もう時間が足りない、とは言えない。しっかり準備してきたつもりです」と話した。「今日はまだ(打線の)ミスショットが目立った」と反省も忘れなかった。

 センバツ直前の3月中旬、浦和学院も恒例の関西遠征に出かけた。「力の差をありありと見せつけられました」と森監督。「龍谷大平安はさすがセンバツに出るチーム、仕上がっていました。大阪桐蔭も下級生が多かったけど、歯が立たず完封負け。愛工大名電、中京大中京もこてんぱんでした」。

 報徳学園(兵庫)には投打がかみ合い、2-1で勝利。ただ森監督は「やはり総合力が違う。特にバットスイングの強さは。自分たちの身の丈を知れたことが一番良かった」と関西遠征を振り返る。

 この日は美又王寿投手(2年)ら投手陣も相手を無安打に封じたが、プロ注目遊撃手の中前祐也主将(3年)は「チームとしては課題が多く、まだまだです」と笑顔はない。センバツ出場の春日部共栄、花咲徳栄など強豪がそろう県大会へ向け「優勝しかないです」と気を引き締めた。

(日刊スポーツ)

試合結果

南部H組1回戦(4/12・県営大宮)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
4校連合 0 0 0 0 0         0 0 7
浦和学院 0 6 6 8 x         20 16 1
【浦】 美又、石渡ー畑
【連】 石田-加藤
下薗3、中前(浦)
 浦学スタメン
打順 位置 選手名 学年
1 下薗 3年
2 後藤 3年
3 中前 3年
4 3年
5 徳弘 3年
6 2年
7 金丸 2年
8 上田 3年
9 美又 2年


拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

億泰はあれだな、えーとあれよ、あのーー浦飯幽助の友達のほら、青い学ラン着てるあれ、えーーーーあの子に似てるよね立ち位置とか色々含めて、あーーーーーえーーーーーーーーーー

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

もっと読み込む...

 

アーカイブ