浦和学院は確実 選抜高校野球、きょう出場校決定

 第83回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会は28日、大阪市内の毎日新聞大阪本社で開かれる。

 困難な条件を克服したり、他校の模範となるなど、戦力以外の特色を加味する21世紀枠は3校を選出。一般選考では前回大会と同じ29校(東京地区の神宮大会枠1校を含む)を選ぶ。

 午前9時から21世紀枠候補9校の推薦理由説明会を行い、選考委員会総会で各地区別選出校数の確認をする。

 午前11時からの21世紀枠特別選考委員会と地区別小委員会で出場校の選出に入り、午後3時に21世紀枠の3校が発表される。一般選考は北海道地区から順に発表され、午後4時ごろまでには出場全32校が出そろう見込み。

 関東地区選出は5校とみられ、秋季関東大会優勝の浦和学院は確実。同ベスト8の春日部共栄は地域性の点からやや苦しいか。

◇発表待ちきれず

 発表を翌日に控えた浦和学院は27日、同校グラウンドで午後3時から約4時間の全体練習を行った。

 昨秋の関東大会の優勝チームだけに選抜切符の獲得は決定的。森監督は「選ばれるなら6年ぶりだし、まずは節目」と備えつつも、「甲子園で戦う準備を選ばれたからするわけではない。大会への準備はしてきている」と落ち着いた表情だ。

 練習では投手陣が2班に分かれて体力トレーニング。野手は3班に分かれてフリー打撃をこなした。通常より重いバットを使いながら快音を響かせるなど、特長の打力はまったく鈍っていない。

 「入学してから甲子園に出ることを夢見ていたので楽しみ」と主将の小林。1年生エースの佐藤は「わくわくしている気持ちと、少し緊張した気持ちもある」と、選手たちは努めて冷静に振舞いながら、心の中では待ちきれない様子だった。

(埼玉新聞)

◇選考委員会の流れ

 9:00 21世紀枠候補推薦理由説明会

10:30 選考委員会総会(委員長選出など)

11:00 21世紀枠特別選考委員会(3校を選出し、選外6校は一般選考へ)

      地区別小委員会(一般選考)

15:00 選考委員会総会再開

      ・21世紀枠3校を発表

      ・一般選考の地区別経過報告と29校決定

(毎日新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

億泰はあれだな、えーとあれよ、あのーー浦飯幽助の友達のほら、青い学ラン着てるあれ、えーーーーあの子に似てるよね立ち位置とか色々含めて、あーーーーーえーーーーーーーーーー

もっと読み込む...

 

アーカイブ