記事の詳細



 (21日・県営大宮ほか)

 第11日は3球場で5回戦8試合を行い、ベスト8が出そろった。Cシード叡明とDシード山村学園、Cシードふじみ野はいずれも初。Cシード川越工は28年ぶりの8強。

 叡明はDシード大宮東に5-2で競り勝った。七回に三上、坂本の連続適時打で勝ち越しに成功した。山村学園は北本に12―3と七回コールド勝ち。一回に3点を先行されたがその裏、山口、深田の適時打などで4点を奪い、その後も小刻みに加点した。

 ふじみ野はDシード埼玉平成を6-2で破った。二回、大久保の適時打などで3点を先制し、リズムに乗った。川越工は川越東に7―3で逆転勝ち。八回に7点を挙げた。

 Aシード浦和学院は星野に4-3で延長十二回サヨナラ勝ち。家盛が決勝打を放った。星野はエース左腕湯沢が粘投したが、九回に追い付かれた。

 3連覇を目指す花咲徳栄は浦和実に快勝。先発綱脇が1失点完投した。前回準優勝の聖望学園は本庄東に競り勝ち、春日部共栄は朝霞に大勝。

 22日は休養日で、第12日は23日、県営大宮と市営大宮で準々決勝4試合を行い、ベスト4が決まる。

焦らず終盤リズム 浦和学院

サヨナラの生還を果たした三塁走者の杉山(3)がベンチを飛び出した選手らと喜び合う

 危うく、夏の甲子園を逃した過去3年と同じ轍(てつ)を踏むところだった。

 二回までに3点を先行されると、五回まで無得点と沈黙。三~五回は、いずれも3人で切って取られていた。果敢に内角を攻めてくる左腕相手に「狙い球の選択にミスがあった。絞り切れていなかった」と認める森監督。五回は先頭で出塁した本田がけん制死し、リードされている展開で攻めあぐねる完全なる浦和学院の負けパターンだった。

 それでも過去3年と違ったのは、仲間たちを信じ、焦らなかったことだ。

 六回に4番蛭間の適時打で1点差。さらに八回から2年生左腕佐野が登板すると空気が変わり、九回には先頭の5番山本が二塁打で出塁。続く秋山は「佐野が抑えてくれる。とにかく1点が欲しかった」と右犠飛で同点。サヨナラ打の家盛も「後ろにも信頼できる打者がいる。打てたのは仲間のおかげ」とうなずいた。

 薄氷の勝利に違いないのだが、最大の難所を乗り越えたという見方もできる。「終盤にやっと戦うリズムが出てきた」と指揮官。準々決勝は春の県大会で負けそうになった聖望学園が相手。この日の反省を生かし、立ち上がりからエンジン全開といきたい。

(埼玉新聞)

蛭間、4戦連発ならずも“好アシスト”

 浦和学院(埼玉)は3-3で迎えた延長12回無死三塁、3番・家盛がサヨナラ打を放ち、星野との死闘を制した。

 2年生4番の蛭間は4試合連続本塁打を逃したが、先輩を好アシスト。打席に向かう家盛に「ここで打てばヒーローですよ」と声を掛けた。家盛は「リラックスして打席に入れました。蛭間においしいところを持っていかせない、という気持ちで打席に入りました」と笑顔だった。

(スポニチ)

“蘇生力”でサヨナラ8強 森監督「また、命を拾った」

 1点を追う九回無死から三塁打と犠飛によって、浦和学院は追いついた。そして延長十二回無死三塁で、家盛陽介内野手(3年)が右前に弾き返し、歓喜のサヨナラ勝利。ヒーローは興奮気味に振り返った。

 「つなぐ意識で振りました。何とか、と思った」

 諦めない気持ちは、仲間も一緒だった。延長十回一死二、三塁のピンチを連続三振で切り抜けた左腕・佐野涼弥投手(2年)は試合後、「厳しかった」と正直な思いを口にした。

 経験が生きた。春の埼玉大会1回戦、聖望学園に3-4でリードを許し、九回二死一塁まで追い詰められた。中堅に上がった飛球で万事休す-のはずが、遊撃手と中堅手の“お見合い”で安打。一、三塁となり、直後の中越え三塁打で逆転勝ち。出場した春の関東大会では頂点に立った。

 森監督は「春に一度あって、きょうもまた、命を拾った。やらないといけないですね」とチームに備わる“蘇生(そせい)力”を強調した。夏の甲子園を目指す浦和学院の武器は、勝利への執念と粘りだ。

(サンスポ)

 試合結果
 4回戦 7月17日(県営大宮)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
星野 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0
浦和学院 0 0 0 0 0 2 0 0 1 0
TEAM 11 12           H E
星野 0 0           3 10 1
浦和学院 0 1x           4 11 2
【浦】 清水、桑野、渡邉、佐野-秋山
【星】 湯澤-中田、清水
山本(浦)
矢野(浦)飯野、櫻井(星)
 浦和学院打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
矢野 6 3 0
杉山 1 0 0
家盛 5 1 1
蛭間 4 2 2
山本 5 1 0
秋山 2 0 1
本田 3 1 0
R 山口 0 0 0
7 赤岩 1 1 0
清水 0 0 0
1 桑野 1 1 0
1 渡邉 1 0 0
H 燈中 1 0 0
1 佐野 2 0 0
森川 5 1 0
37 11 4
 星野打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
風間 5 1 0
星野 5 0 0
飯野 6 4 2
櫻井 6 2 1
内海 2 0 0
H 隅田 1 0 0
3 小山 1 0 0
安藤歩 6 0 0
中田 3 1 0
H2 清水 2 0 0
湯澤 3 0 0
佐藤 5 2 0
45 10 3
 投手成績
TEAM 選手名 被安打 奪三振 四死球 失点 自責
浦和学院 清水 1 1/3 4 2 1 2 3
桑野 1 1/3 4 1 1 1 0
渡邉 4 1/3 1 4 0 0 0
佐野  5 1 8 1 0 0
星野 湯澤 11 0/3 11 7 7 4 3
TEAM 三振 四死球 犠打 盗塁 失策 併殺 残塁
浦和学院 7 7 4 4 2 1 11
星野 16 3 3 0 1 1 12

 浦和学院は延長十二回、家盛のサヨナラ打で逆転勝ちした。2-3の九回に秋山の犠飛で同点。星野は粘投した左腕湯沢を三回以降、援護できなかった。

拍手する


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る